old « 秋華賞 | メイン | ゲームの名は誘拐 » new

白銀ジャック

2010年10月19日

白銀ジャック (実業之日本社文庫)

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。今、犯人との命を賭けたレースが始まる。圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス。

本屋行ったら、最近出来た文庫レーベルで東野さんがいきなり文庫本を出してたので衝動買い。

スキー場で爆弾の話。
文庫の帯に、予想は全て外れるだろう見たいな本人のコメントがあったけど、そこまで突飛な感じでもなかった。
緊迫感もそこまでなくて、割とあっさりしたミステリ。

読みやすくてそこそこ面白い。

評価:★★★★☆ 4.5

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « 秋華賞 | メイン | ゲームの名は誘拐 » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/1082

トラックバック

» 東野圭吾の「白銀ジャック 」がいきなり文庫化・・・で読んでみた from 国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ
東野圭吾の「白銀ジャック」を読み終えました。 サスペンス仕立てで犯人が誰なのか、まったく予想できませんでした・・・っていうかこんなん予想できるかっ!!っ... [Read More]

コメントする