old « 北海道 | メイン | Every Best Singles ~Complete~ » new

学生街の殺人

2009年12月23日

学生街の殺人 (講談社文庫)
東野 圭吾
講談社
売り上げランキング: 101404
おすすめ度の平均: 4.0
4 モラトリアムの真っ只中にいる津村光平の内面的な成長
4 一読の価値あり
4 ”フリーター”で生計を立てている人に向けたメッセージ本
5 若き東野の勝負
5 完成度が高い
学生街のビリヤード場で働く津村光平の知人で、脱サラした松木が何者かに殺された。「俺はこの街が嫌いなんだ」と数日前に不思議なメッセージを光平に残して…。第2の殺人は密室状態で起こり、恐るべき事件は思いがけない方向に展開してゆく。奇怪な連続殺人と密室トリックの陰に潜む人間心理の真実。

1987年の作品。
470ページくらいでそこそこ長かった。

学生街と言いつつ、舞台がそこなだけで学生は出てこない。
主人公はフリーターだし、登場人物はその付近で働いている人がメイン。

序盤から登場人物が割と多くて、ちょっとずつ読んでるとたまに誰が誰だか分からなかったりする。
やっぱり登場人物は少ない方が良いね。

事件については、トリックを暴くのがメインではなくて、それに至った人間関係とかがかなり重視されている感じ。
ただ、その繋がりがちょっと強引なところもあったりする。

評価:★★★★☆ 4.5

ページ数が多い割に退屈な部分もないし、話が二転三転するあたりはなかなか良かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « 北海道 | メイン | Every Best Singles ~Complete~ » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/968

コメントする