old « 就活イベント再び | メイン | Googleリーダーのデザイン » new

手紙

2008年12月03日

手紙 (文春文庫)
手紙 (文春文庫)
posted with amazlet at 08.12.03
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 1388
おすすめ度の平均: 4.5
4 「差別」とは独立した言葉ではないと思う
5 社会性の死
3 被害者も加害者も現実は大変なんだろうと思う。罪を犯してはいけないと痛感する。
4 差別のある社会を生き抜くために・・・
2 心に響いてくるものはなかった

手紙、読了。

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。

秘密に引き続き、amazonレビューの高さにつられて買ったノンミステリー(?)。

兄が強盗殺人を犯して、その影響で弟が苦労して生きていく、という内容。
差別とかそういうことについて考えさせられる物語です多分。

兄が殺人で刑務所入りしたと言えば、イノセントラブもちょっと似てるかもしれない。
と思ってHPを開いてみたら表紙絵にびっくり。
なんだこれは…。

しかし、イノセントラブはかなり予想外で何か怖いドラマ。
なんかちょっと非現実すぎる気がして駄目。
原作がラストフレンズの人なのかぁ。

話が逸れた。
そんなわけで。

評価:★★★★☆ 4.5

話は良いとは思うけれど、終盤までずっと「兄貴うぜー」な主人公の思考にはちょっと共感出来ないかな。
やっぱり東野さんはミステリーの方が良いかも。
というかただの好み。

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « 就活イベント再び | メイン | Googleリーダーのデザイン » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/737

コメントする