old « 人類は衰退しました4 | メイン | 右腕が。 » new

仮面山荘殺人事件

2009年01月10日

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)
東野 圭吾
講談社
売り上げランキング: 32390
おすすめ度の平均: 4.0
3 期待しすぎずに読めば・・・
4 タイトルの「仮面」にも意味あり!
3 好き嫌いが分かれるか
2 それはないでしょう・・
5 やられました

仮面山荘殺人事件、読了。
東野圭吾多分13冊目。

8人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた8人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに1人が殺される。だが状況から考えて、犯人は強盗たちではありえなかった。7人の男女は互いに疑心暗鬼にかられ、パニックに陥っていった……。

これは騙された。
解説によると、この手法は叙述トリックという奴らしい。
「地の文を信じちゃいけない」って事ですか。
でもそんな地の文疑ったら何を信じれば良いのかね。

最後にタイトルの「仮面」の意味を知ったときは納得した。
これはなかなか上手くできているな、と。

それにしても、中盤以降徐々に強盗犯の挙動がおかしくなる点には気づくものの、「仮面」には気づかなかった。
タイトルが「殺人事件」となっているだけに、それを疑うのは難しい。

評価:★★★★★ 5.0

結局のところは犯人ではなく作者に騙されたわけだけど、意外に読後感はスッキリ。
結構サクサク読めて面白かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « 人類は衰退しました4 | メイン | 右腕が。 » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/762

コメントする