old « 朝日杯フューチュリティステークス | メイン | amazonクレジットカード終了のお知らせ » new

どちらかが彼女を殺した

2008年12月21日

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)
東野 圭吾
講談社
売り上げランキング: 1976
おすすめ度の平均: 4.0
4 読者に推理させるのが売りですが・・・
2 本格推理の難しさ
3 目の前の答えに気づけるか
4 真犯人究明のために知恵を絞れと作者は怠惰な読者を挑発している!?
3 スッキリしなかった

どちらかが彼女を殺した、読了。

最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?女か?究極の「推理」小説。

非常に面白かった。

最後まで犯人が明かされないという珍しいミステリー。
袋とじの解説にヒントが載ってたりする。

ネタバレあり。

で。
予想は見事に外れたわけですが。
ちょっと納得いかない。

加賀刑事と主人公が犯人を見破ったという事実から、犯人を推定出来るっていう根拠みたいなんですけど。
それってどうなのかなぁ?

あと、気になる点は、偽装工作したのは本当に男だったの?
女が無理だっていう根拠が、背が低いから絆創膏に届かないっていう部分だけならば、

土や砂が少し落ちていた。(中略)いや、土足にしては少ないか(p.56)
恐ろしく踵の高いハイヒールで、その欠点をカバーしていた(p.111)

この二つで解決出来ると思うんだけど。

もう一回読もうかな…。

評価:★★★★★ 5.0

犯人はちょっと納得いかないけど、それ以外はかなり良かった。
加賀刑事が、主人公からすれば敵な存在なのに、読者からは敵に思えないのもまた面白い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « 朝日杯フューチュリティステークス | メイン | amazonクレジットカード終了のお知らせ » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/749

トラックバック

» 私が彼を殺した from FreeTimes
私が彼を殺した (講談社文庫)posted with amazlet at 09... [Read More]

コメントする