old « ホットケーキミックスでフルグラ入り抹茶風味スコーン作った | メイン | 投資信託始めました。 » new

僕が七不思議になったわけ

2014年08月18日

僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫)
小川晴央
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014-02-25)
売り上げランキング: 34,744
石橋を叩いても渡らない心配性の高校生・中崎夕也はある夜、七不思議を司る精霊・テンコと出会う。深夜の校庭に桜が舞い散る中、宙に浮かぶ袴姿の彼女は、高らかに不吉な言葉を彼に投げかけるのだった。「おめでとう、お主はこの学校の新しい七不思議に選ばれた」なんと彼は七不思議の引き継ぎに、仮登録されてしまったのだ!生きながらも七不思議の一つとなった少年の日々を綴った、思わずもう一度読み返したくなるミステリアス・ファンタジー。第20回電撃小説大賞金賞受賞作。

メディアワークス文庫で評価が高めという理由で買った本。
電撃小説大賞の金賞作品だとか。

この作品を一言で言うと、
「ほのぼの学園ファンタジーかと思ったらミステリーだった。」

構成が上手いなとおもった。
春の章、夏の章、・・・、春の章っていう流れで、地の文の一人称が交互に変わってりしているあたりが、後半で明かされるトリックと上手く繋がってる。

個人的にはこういうミステリは好きじゃないんだけど、この作品に関しては、あーなるほど、上手いって思った。
2回読み返したくなる作品。

文章やキャラの個性については目立って良いところもないけれど、文章自体は割と平易で読みやすい。
スラスラ読める点については、2回読みしやすいという意味で良いと思う。

評価:★★★★☆ 4.5

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « ホットケーキミックスでフルグラ入り抹茶風味スコーン作った | メイン | 投資信託始めました。 » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/1415

コメントする