old « 空飛ぶタイヤ 上・下 | メイン | 菊花賞 » new

調布市花火大会

2012年10月21日

調布市花火大会に行ってきた。

もちろん先日買った三脚とケーブルレリーズを使うため。

打ち上げ場所は、多摩川で布田駅の南あたり。
東京都側は混むらしいっていうのと、風が南風予報だったので、神奈川県側の稲田堤付近の土手に場所を取った。

場所は結構良い位置で、煙も来ないし、障害物もあんまり無くて見やすかった。
ただ、10月開催なだけあって、気温が低いのに加えて結構風が強くて本当に寒かった。

風のおかげで花火も大分流れちゃってて、しだれ柳系の余韻が残るタイプの花火は肉眼では綺麗に見えたけど、写真にしたらぼやーってしちゃって全然ダメだった。

肝心の三脚とケーブルレリーズは大活躍で、
ぶれないし、バルブ撮影で自由にシャッタースピード変えられるのが凄く良かった。

以下写真。

DSC_6687_LR1.jpg
(シャッタースピード:7.3秒)
三脚を使うと発射後の軌跡を含めて開花後まできっちり取れる。
手持ちじゃこうはいかないね。

DSC_6694_LR2.jpg
(シャッタースピード:11秒)
4発まとめて。
タイミング的に上手く1画面にまとめるのが結構難しい。

DSC_6766_LR3.jpg
(シャッタースピード:12秒)
並列に上がる花火は長めに取ると良い感じになった。
これは色も鮮やかで綺麗だった。

DSC_6805_LR4.jpg
(シャッタースピード:6秒)
割と低い位置で連発する系の花火。
きっとこういう連発系で発数を稼いでいるんだろうなって思った。

DSC_6808_LR5.jpg
(シャッタースピード:3.8秒)
赤とピンクで凄く鮮やかな花火。
水面が真っ赤に染まった。

DSC_6865_LR6.jpg
(シャッタースピード:7.4秒)
開いた後にキラキラ輝く系は写真に納めるのが結構難しい。
肉眼で見る分には凄く綺麗で好きなんだけど。

DSC_6886_LR7.jpg
(シャッタースピード:9.7秒)
開いてからオレンジの線が広がった後にカラフルな玉がはじけるタイプの花火。
前から疑問だったんだけど、暗めのオレンジ色はデジカメで殆ど移らない。
単に光量不足なだけなのか、周波数的な問題なのか。

DSC_6908_LR8.jpg
(シャッタースピード:2.6秒)
カラフルな玉がぱーっと広がってかなり綺麗で結構好き。

DSC_6948_LR9.jpg
(シャッタースピード:3.1秒)
太くて白い線が広がるタイプ。
なかなか見応えがある。

DSC_6983_LR10.jpg
(シャッタースピード:11秒)
普通の線上の花火と、キラキラ輝くタイプの2連発。

DSC_7001_LR11.jpg
(シャッタースピード:10秒)
一番大きいサイズの花火。
確か最大が8号って書いてあったからきっと8号。

DSC_7018_LR12.jpg
(シャッタースピード:8.7秒)
中間あたりの光量の多い花火が露出オーバー気味。
光量の違う2種類を同時に取るのは難しい。

DSC_7021_LR13.jpg
(シャッタースピード:7秒)
上のカラフルな感じと、回りに広がって飛び散る感じと、中間の小さくはじける感じが結構好き。

DSC_7030_LR14.jpg
(シャッタースピード:1秒)
小さめのを連発するスターマインはすぐ露出オーバーになって真っ白になる。
1秒くらいにして漸くまともなのが取れた。


以上、調布の花火でした。

先日行った金沢の花火大会と比べると、発数が3倍の9000発だからか、単発系も結構リズミカルに上がってた。
金沢の場合は1発1発に余裕があって写真撮るのも結構楽だったんだけど、調布の場合は開ききる前に次のが上がって来ちゃって、どこでシャッター閉じればいいのか分からなかった。

花火の種類も結構違った。
開いた後に不規則に動くタイプの花火が今回は殆ど無かった。

発数の関係か、下の方でマシンガン的に超高速で連発する線上の花火が多かったかな。
どう考えてもあれで数稼いでるって…。

今回の最大サイズは8号なんだけど、それでも結構大きく見えて迫力があった。
行けなかった江の島の20号とかどんだけデカいんだよって話だ。

なんだかんだ言っても、今回の花火も大分楽しかった。
寒さと風が無ければ文句なし。

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « 空飛ぶタイヤ 上・下 | メイン | 菊花賞 » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/1265

コメントする