old « 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん10 | メイン | アベレージ202 » new

冷たい密室と博士たち

2011年02月10日

冷たい密室と博士たち (講談社文庫)
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 9794
同僚の喜多助教授の誘いで、N大学工学部の低温度実験室を尋ねた犀川助教授と、西之園萌絵の師弟の前でまたも、不可思議な殺人事件が起こった。衆人環視の実験室の中で、男女2名の院生が死体となって発見されたのだ。完全密室のなかに、殺人者はどうやって侵入し、また、どうやって脱出したのか? しかも、殺された2人も密室の中には入る事ができなかったはずなのに? 研究者たちの純粋論理が導きでした真実は何を意味するのか。

面白かった。

森博嗣のS&Mシリーズの第2巻。
1巻が割と変化球気味な内容だったのに対して、こちらはストレート。
トリックも動機も素直で受け入れやすい。

悪く言えば良くある推理小説かもしれないけれど、
同じようなトリックでも作家によって味付けが違うのは確か。

1巻で犀川&萌絵のキャラも確立して、2巻は最初から安心して読んでいける。
単純な推理ものとしての面白さと、シリーズものとしての登場人物の魅力が良い感じに合わさってる。

評価:★★★★★ 5.0

続けて3巻読みます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん10 | メイン | アベレージ202 » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/1123

コメントする