old « 山下公園からの野毛山動物園 | メイン | 加賀、金沢に行ってきた » new

コリドラスの底床用に黒いガーネットサンドを買った

2017年09月05日

今のコリドラス水槽には田砂を敷いているんだけど、ガーネットサンドってのが前々から気になってた。
普通のガーネットサンドは赤いんだけど、サンドブラスト用の黒いガーネットサンドっていうのもあって、試しに買ってみた。
(一応ネット情報ではサンドブラスト用のガーネットサンドを使ってみて問題無かったという情報もあった)


NIKON D500, 60mm(90mm), 5/1sec, f/16.0, ISO140
今回買った黒いガーネットサンド。
サンドブラスト用の#36の細かさのもの。


NIKON D500, 60mm(90mm), 5/1sec, f/16.0, ISO100
田砂。
コリドラス水槽に定番の底床。
ガーネットサンドより粒が大きめで丸っこい。


黒いガーネットサンドの等倍表示(拡大)。
粒と言うよりは破片と言った感じで、ちょっととげとげしてる。


田砂の等倍表示(拡大)。
角が丸くてつるっとしてるね。

■ガーネットサンドの角の鋭さについて

よく、角がある砂とかだとコリドラスの口を切るとか、ひげが短くなるとかネットで言われてる。
そういう意味だと、今回買った黒いガーネットサンドもあまりよろしくないのかも知れない。

ただね、粒が結構小さいから、そんなスパッと切れたりするような感じはしない。
バケツに入れて素手で洗ってみたけれど、ふやけた皮膚でも切れたりしないし、特段痛いとは感じなかった。
爪の表面は若干傷は付いたけど、これはガーネットサンドに限った話じゃないと思う。
(砂利だって何度もかき回せば爪は傷つく)

黒い底床としてコリドラス水槽にも使われているリアルブラックって言う商品があるんだけど、あれも実は拡大すると結構角が立っててとげとげしてるらしい。(参考サイト:コリドラスの底床検討!
拡大図を見る限りでは、リアルブラックのがスパッと切れそうな印象。
それでも、コリドラスに使ってて問題は起きていないってことなので、多分黒いガーネットサンドも大丈夫なんじゃ無いかと思う。

■ガーネットサンドの比重について
ガーネットサンドは比重が3.9~4.1(g/cm3)で、かなり重めの鉱石。
リアルブラックは上記参考サイトによると石英の破片らしいので、石英は2.7だからガーネットの方が大分重い。
田砂は色んな石とか混じってるからよく分からない。

バケツに水を入れて手でかき回した感じでは、粒が小さい割に結構ずっしりした印象。
田砂だと、プロホースで全開にしちゃうと砂まで一緒に舞い上げちゃうけど、ガーネットサンドなら大丈夫そう。(まだ試してはいない)

■結局コリドラスに黒いガーネットサンドは使えるのか?
実際に使ってみないと分からないけど、表面の角張り具合についてはリアルブラックが大丈夫なら大丈夫そうだし、比重については文句なしなので、コリドラス水槽には向いているんじゃないかな?と思う。

底床が真っ黒だとコリドラスが黒ずむって話もあるけど、そこはまぁ好みなので。
ステルバイとかは締まった黒の方が格好いいし。

実際に使ってみたらまたレポートする予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « 山下公園からの野毛山動物園 | メイン | 加賀、金沢に行ってきた » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/1591

コメントする