old « 流木にウィローモスを巻き付けた | メイン | 投資信託の積立のNISA配分を月10万円にした » new

ウィローモスマットを自作した

2016年01月03日

流木に巻き付けるために買ったウィローモスが余ってたので、パックに入れて水槽に浮かべていたものの、若干黒ずんで傷んでるような気がしたから、全量使ってウィローモスマットを作った。

作ったのは、割と一般的?な鉢底ネットとおもりと糸を使うタイプのウィローモスマット。

作ったのと似たやり方で手順を紹介してるブログがあったので参考までに。
参考:ウィローモスマット自作手順と経過観察

■自作ウィローモスマット作成手順

1.鉢底ネットを2枚同じ大きさに切る。
  このとき、端っこはギザギザが残るようにする。

2.鉢底ネット2枚の間におはじき(おもり)を数個入れ、鉢底ネットの端を結束バンドで止める。

3.ウィローモスを5mm~10mmくらいの幅でハサミで刻む。
  細かいほど新芽が出やすいらしいけど、マットから抜けやすくなるので10mmくらいがちょうど良いかも。

4.鉢底ネットの表面にウィローモスを均等に乗せる。
  2枚の間に挟むのではなく、上に載せるのがポイント。

5.ミシン糸で鉢底ネットのギザギザに合わせてウィローモスをぐるぐる巻く。
  縦横巻いて格子状にして糸を結べば完成。

6.水につけて余分なモスを振り落としてから、水槽にドボン。

DSC_2156_LR01_20160102.jpg
ウィローモスを鉢底ネットに載せたところ。
均等に乗せるのが結構大変。ピンセットを使って広げると良いかも。
1枚だけ作るつもりだったけど意外にモスの量が多かったから2枚作った。

DSC_2182_LR04_20160102.jpg
水槽にウィローモスマットをドボンしたところ。

DSC_2174_LR03_20160102.jpg
コケが付いてるのか、チェリーシュリンプにも大人気。

DSC_2167_LR02_20160102.jpg
ウィローモスマットとは全然関係ないけど、マツモから気泡が途切れなく出てたので撮ってみた。
先日コトブキのフラットLEDを買って蛍光灯と2灯にしてから、マツモの生長が早くなった。

■2016/02/25追記

その後の写真を載せておくよ。

DSC_3519_LR02_20160214.jpg
約6週間後の2/14に撮った写真。
右下にあるのがモスマット。

途中1回だけトリミングして、後は放置。
結構もさもさに生えてきてなかなか良い感じ。

■チャームの商品価格を調べるならこちらで
チャーム価格調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « 流木にウィローモスを巻き付けた | メイン | 投資信託の積立のNISA配分を月10万円にした » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/1486

コメントする