old « 光化学スモッグ | メイン | 心理学という名の » new

半分の月がのぼる空2

2008年07月14日

これ書いてる間に3回もブレーカー落ちました。
よって4度目。
ここまで来ると怒りよりも呆れが…。

---

半分の月がのぼる空〈2〉waiting for the half‐moon (電撃文庫)
橋本 紡
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 11134
おすすめ度の平均: 4.5
5 どこに行ってしまったんだ、僕たちの月は―。
3 物語はいいのですが…
3 可愛いv
5 飽きずに読める一冊
5 裕一に訪れた波乱に苦笑

半分の月がのぼる空2、読了。

2巻まで読んだところで、印象は前巻とほぼ同じ。

薄さ(軽さ)はこの作者の書き方なのか、それともこの作品が読みやすく作られているからなのか。

終わり方も微妙で、毎回完結していると言うよりはぶった切ってる感じ。
もう少しなんか区切りの良い終わり方は無いんだろうか…。
ちょっと中途半端。

内容に関しては、初っぱなのエロ本ネタがページ数のかなりの割合を占めていて、里香とのやりとりはあんまり無い感じ。
1巻同様、余計な部分が多くて、それが全体的な薄さに繋がっているような気がする。

あと、個人的には挿絵があまり気に入らない。
内容は一応シリアスな病院もの(のはず)なのに、挿絵がかなり漫画チック。
緊張感がなさ過ぎる感じ。

批判してばかりなのは、内容に反してamazonその他の評価が高すぎるが原因。
8巻まで読んだら分かるのかもしれないけれど、それじゃあ駄目なんじゃないかな。
1巻1巻上手くまとまっていて、8巻まで読ませるくらいじゃないと。

この作品がいまいち合ってないだけなのかもしれない…。

評価:★★★☆ 3.5

3巻は既に買ってあるので続けて読む予定。
3巻も同じ調子なら他の本に移ります。

ただ、4巻超面白いよ!と言う意見があれば大歓迎。

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « 光化学スモッグ | メイン | 心理学という名の » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/636

コメント

やべぇ、4巻超面白いw


いや、知らんけど。

こらこら嘘はいかんよw

コメントする