old « 日立の2TB HDD購入 | メイン | ローソンのティラミス » new

コクリコ坂から を見てきた

2011年08月14日

友人から、なんか映画見ようって言われたので、特に気になっていたわけではないけど、とりあえずジブリ見ておくかってことで、「コクリコ坂から」を見てきた。

前情報は、
「そこまで悪くはなかった」
「主人公の呼ばれ方が二種類あって混乱した」
っていうMくんの感想くらい。
後者については一応名前だけ調べておいた。

見終わった感想は、
まぁこんなもんかって感じ。
吾朗クオリティーって奴か。(脚本は駿さんらしいけど)

あ、でもゲド戦記よりは面白かった。
もはやゲド戦記の内容覚えてないけど。

一言で言えば、大したひねりもない良くありそうな青春もの。
ストーリーも素直というか平凡な感じで、これと言って盛り上がるところもない。

学校のシーンではいきなりタランチュラカルチェラタンの存続がどうのこうのって訳分からんこと言って騒いでて、理解するのにちょっと時間がかかった。
それ絡みで、いきなり岡田准一が屋根に上って水溜まりに飛び込むとか訳の分からんことをやらかすし。
要はそのカルなんとかが長澤まさみと岡田准一の出会いのきっかけ的な何かだったということで。

とりあえずストーリーは微妙でしたということで、良かった点とか挙げてみる。

・カルチェラタンのシーンでかかる曲がなかなか良い。
 別世界っていう感じで、他のシーンでは流れないコミカル?なBGMが個人的に気に入った。

・カルチェラタンにいる文化部の男子学生のキャラが良い。
 哲学部のでかいやつとか、なかなか良いキャラしてた。

・昭和の古い感じの背景が素敵。
 ジブリらしい細かく描かれた背景が凄く凝ってて、人によっては色んな発見がありそうで、ストーリーとは別の違う楽しみもある感じがした。

こんなところかなー。

最後に疑問点的なものも挙げてみる。

・そもそもコクリコ坂って何なの?
 自転車かっ飛ばしてたあの坂?コクリコって何?

・信号旗の意味は?
 海が毎日揚げてるあの2つの旗の意味は何だったのか。
 →「航海の安全を祈る」だそうで。

・「ガリを切る」とは?
 最初にその台詞が出てきたときは意味が分かなかった。
 新聞印刷用の原盤作りみたいなことで良いのかな。

うん。
そんなもんか。

とりあえず、まとめると、
他人にお勧めはしない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « 日立の2TB HDD購入 | メイン | ローソンのティラミス » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/1169

コメントする