old « 旅に出ます | メイン | 空ろの箱と零のマリア » new

台湾

2010年02月15日

4泊5日で台湾に行ってきました。
留学中の妹に会うついでの旅行的なあれです。

1日目
 成田→台北
2日目
 淡水(だんすい)
3日目
 軍隊の何か
 故宮博物院
 台北101
 夜市
4日目
 台湾の原宿とかいう場所
 ショッピング
5日目
 台北→成田

さて何書こう。

とりあえず、初の海外旅行でした。
妹が留学してなければ行くことは無かったでしょう。
でも感謝なんかしてないんだからね。

留学して半年じゃ殆ど台湾語もしゃべれないだろうという予想だったけれど、意外にも台湾人になっててびくーり。
逆に言えば、台湾語が全然話せなかったら今回の旅行は悲惨なことになってたということで、その点に関しては良かったのかな。

ちなみに出発前の時点では、具体的にどこに行くかは不明で、ミステリーツアーな感じだった。
実際、妹含む現地の人に連れ回された感じだしね。


さて2日目。

最高気温29度くらい。
かなり暑かった。
真夏。

淡水と書いてだんすいと読む地域に行ってきました。
海辺の観光地だそうで。
海なのに淡水って名前なのは何か妙な気もするけど。

感じとしては、中華街にやたらバイクが走ってる感じの街。
至る所にバイク。
歩道にはバイクがズラーッと。
これでもかって言うくらいバイク。
そんな街。

あとは、とにかく変な臭いが漂ってる。
というか台湾は全体的に臭い。
台湾人化した妹はもはや麻痺して感じないらしいけど。

臭いの正体は、多分食べ物。
淡水で真っ黒の臭いゆで卵を食べたけれど、この臭いが街に漂ってる感じ。
後の料理に出てきた漢方スープも同じ臭いだったから、漢方系の臭いって事なのかも知れない。

昼食はダチョウとかパイナップルチャーハンとか謎の揚げパンとか色々食べた。
揚げパンうめぇ。

あとはー、タピオカミルクティーを初めて飲んでみたりした。
タピオカが特大で、もはや小さめの白玉じゃないのかって感じのやつが大量に入ってる。
そして更にカップも特大で、なみなみと入ったミルクティー。
あれ1杯で満腹になれる。

夜は妹の知り合いだか家族だかお友達だかと会食。
次から次へと料理が出てきて量が半端無かった。
中華料理は残すのが基本だとかどこかで聞いたことがあるけれど、それにしてもこの量は無いだろうっていうくらい多かった。
出された物は全部食べる派の人間としては、ちょっとこれはもったいない感じがした。


3日目。

最高気温14度くらい。
ホテルが冷房効いてるから外は暑いのかと思ってジャンパー着ないで出かけたら寒過ぎた。
超寒い。
真夏の次は冬ですか。

色々な場所に連れて行って貰ってこの日が一番充実してた気がする。

最初に行った軍隊の何かは、時間になると兵隊さんの交代の儀式みたいなミニ行進が行われるらしく、物凄く格好良かった。
門のところに立ってる兵隊さんは、常に前を見て瞬きも最小限に堪えて直立不動でいなければいけないらしい。
観光客がパシャパシャ写真を撮る横で、全く動いちゃいけないとか相当な忍耐力が必要な気がする。
軍隊って凄いのね。

ところであの場所はなんて言う名前なんだろうか。
パンフレット貰った気がするけど手元にないから分からない。

次に、故宮博物院とやらに。
3ヶ月毎くらいで展示物を変えても、十数年くらいしないと全部を展示しきれないくらいの物が格納されているとか。
中国本土よりも中国の歴史的な物が多くあるとか言ってた気もする。

正直漢字で書かれた書とか見てもよく分からなかった。
ただ、細工物は結構面白い物が多かったかな。
原石を加工して作った白菜が有名らしく、おみやげは白菜だらけだった。

その後は台北101っていうランドマークに。
晴れてて空気が澄んでいれば相当見晴らしは良さそうだけど、かなり曇ってて残念な感じだった。
眺め意外にも、中でサンゴ展とかやってて、色々綺麗な物があったりなかったり。
サンゴと貝殻で出来た地球儀があって、一番高いので約200万円とか。

あと、おみやげゾーンの一角に台湾で大人気の人形劇コーナーがあった。
映像もあったけど、あそこまで華麗な動きをする人形劇は見たことがない。
ただ、何故台北101のサンゴの近くで人形劇のグッズを売っていたのかは謎。

夕食後は夜市。
人が多くて超夜市夜市してた。
人混みはちょっとなー。
あ、でも50元(150円)の特大チキンは美味しかった。


4日目。

三越行ったり、101のショッピングセンター行ったり、台湾の原宿なるショッピング街行ったり、とにかく買い物でした。
特に書くことも写真撮ることも無く。


まとめ。
(というか感じたことを適当に箇条書き)

・夕食が毎日豪華過ぎてびっくりした。
・毎日ハイテンションな台湾人との会食なのは精神的にかなりきつい。
・出てきた料理が期待してた食べ物とは違った。
・毎回出てくる切り干し大根が入ったパイまんじゅうみたいなやつは何なんだ。
・1回だけ食べた小龍包はかなり美味しかった。

・全体的に臭い。
・空気が霞んでる。

・交通費がかなり安い。
 初乗り料金:電車が20元(60円)、タクシーが70元(210円)
 乗ったバスはどこで降りても15元(45円)
・安い物もあれば高い物もある。
・おみやげ系は全然安くない。

・至る所に日本語がある。
・日本語がしゃべれる人が多い。
・日本の製品も普通にそのまま売ってる。

・美人な人はかなり美人。
・女性店員の「歓迎光臨」(いらっしゃいませ)が可愛い。

・ミステリーツアーは色々と怖い。
・次行くならのんびり好きなところを回りたい。

・風邪引いた。


追記。

足ツボマッサージとやらをやって貰ったんだけど、痛いだけで正直気持ちよくはなかった。
ふくらはぎとか滅茶苦茶痛くて、その後筋肉痛みたいになった。
筋繊維を切断して強制的に筋肉痛起こさせてるんじゃないかって感じがした。
一度体験してみるのは良いけど、2回目は無いかな。


追記の追記。

5日間の海外使用分の料金

・通話料:2285円(発信3回、着信7回)
・パケット料:860円

海外高すぎ。
とはいっても、ほぼ全機種海外で使えるドコモは良いね。


■写真

時系列で貼ります。

IMG_2511.JPG
MRT(地下鉄)の券売機。
何かシンプル。

IMG_2514.JPG
すり身の中に肉団子的な美味しいスープ。

IMG_2522.JPG
淡水にあるイギリス領事館の紅毛城。

IMG_2525.JPG
大砲。

IMG_2545.JPG
ダチョウの炒め物。

IMG_2547.JPG
パイナップルチャーハン。

IMG_2585.JPG
淡水の夕日。

IMG_2597.JPG
淡水の商店街。

IMG_2619.JPG
軍隊の何かの門。

IMG_2637.JPG
軍隊の交代の儀式みたいな何か。
すげー格好いい。

IMG_2649.JPG
故宮博物院。

IMG_2653.JPG
小龍包。
超美味しかった。

IMG_2655.JPG
台北101。
高さ509.2m、地上101階だそうで。

IMG_2695.JPG
上からの眺め。
天気が残念。

IMG_2697.JPG
台北101の特大耐震装置。
揺れの何割かを軽減するらしいですよ。

IMG_2701.JPG
階段から下を覗いて見た。
何か落としたら大変なことになりそうだ。

IMG_2708.JPG
台北101ではサンゴ展もやってましたよ。
販売もしてたけど、サンゴかなりお高い。

IMG_2709.JPG
台湾で大人気の人形劇らしい。

IMG_2716.JPG
夜市。
やばいくらい人がいた。
台湾は夜行性で、店は深夜までやってるらしい。

IMG_2719.JPG
何とか豆花(トーファ)っていうデザート。
かき氷に冷や奴が入ってる感じ。
暑いときに食べると美味しいらしいけど、その日は寒かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « 旅に出ます | メイン | 空ろの箱と零のマリア » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/993

コメント

おかえりー。気がついたら行ってたからびっくりしたよ。
てかドコモは使えるのね。知らなかったわ。ちょっと前は通信方式が違うとかで使える国少なかった気がしたけど、本土とまた違うのかね。
元も本土の人民幣(RMB)と違うっぽいな。高ぇ!って思ったら数値だけで換算すると本土より安いっぽいな。
>女性店員の「歓迎光臨」(いらっしゃいませ)が可愛い。
どんなツボだw発音?それとも店員の声が良かったのか?w
ヨドバシのやつは可愛くないと思うw
てか妹さんペラペラなのか、すげー。
やっぱそういう環境に放り出されるとできるようになるんね。語学って。
羨ましいw

>気がついたら行ってたからびっくりしたよ。
ブログに書いたしまぁ良いかなーって思って言ってなかった。

>ちょっと前は通信方式が違うとかで使える国少なかった気がしたけど、本土とまた違うのかね
ドコモは全機種世界対応してるし主要な国では大体使えると思うけど。
昔の話は分からない。

>元も本土の人民幣(RMB)と違うっぽいな。
元だけどニュー台湾ドルとかいうやつだったね。

>どんなツボだwそれとも店員の声が良かったのか?w
聞き慣れてる人には分からない何かがきっとあるんだ。

>てか妹さんペラペラなのか、すげー。
何かもう台湾人になってしまえと思った。

コメントする