old « メルカリアプリの「NativeAPICallTimeout」の対処法 | メイン | コンプト系のハオルチアを買った » new

Pale Moon 28.17.0でUser Agentの書き換えが出来なくなった

2020年12月19日

Pale Moonを28.17.0にアップデートしたら、これまでUser Agent Switcherで書き換えていたユーザエージェントの書き換えが出来なくなった。

Pale Moonのリリースノートを見てみたら以下の記載を発見。

The global user-agent override was moved to the networking component where it is actually implemented. The new preference name is network.http.useragent.global_override. Please note that using a blanket override is normally (very) counterproductive and does not, in fact, help much with privacy. It would also override the compatibility modes (Native/Gecko/Firefox) in Pale Moon. As such, the browser will now warn you if the user-agent is globally overridden (in preferences) and allow you to easily reset that override and re-enable the various compatibility modes.

ユーザエージェントの書き換えに使っていたabout:configのキー名が変わったみたい。

変更前:
general.useragent.override

変更後:
network.http.useragent.global_override

というわけで、変更後のキーに任意のユーザエージェントを指定してあげればOK。

■手順
1.アドレスバーに「about:config」を入力。

2.右クリックして「New」の「String」を選択。

3.ダイアログに「network.http.useragent.global_override」を入力。

4.次のダイアログに任意のユーザエージェントを入力。
  例えばChromeなら、以下のように入力。
  「Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/87.0.4280.66 Safari/537.36」

以上。
これでサイトを開き直せば反映されているはず。


old « メルカリアプリの「NativeAPICallTimeout」の対処法 | メイン | コンプト系のハオルチアを買った » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/1672

コメント

私はUser Agent Overriderを使っているのですが、同様でした。
network.http.useragent.global_overrideキーに任意のユーザエージェントを一つ記述するしかないないということでしょうかね。

コメントする