old « 小田原城で花見 | メイン | bitbankのAPIを使ってrubyでBOT自動売買してみた » new

bitbankのAPIでエラーコード「20001」が出るときの対処法

2018年04月08日

bitbankのプライベートAPIで何故かエラーコード「20001」が出て一向に使えない問題で大分悩んだので、その解決法を載せておくよ。

まず、公式に問い合わせてみた回答がこちら。

当該エラーレスポンスに関しては、原因は以下のいずれかとなります。

1.署名生成処理に誤りがある

2.APIドキュメント(https://docs.bitbank.cc) 「署名作成」の項をご確認下さい。

3.GitHubリポジトリ(https://github.com/bitbankinc) にて、いくつかの言語にてSDKを公開しておりますので、ご参考にして頂けますでしょうか。

4.nonceが以前送信した値より若い

5.nonce値は、必ず前回のリクエスト時の値より大きな値をご指定下さい。

6.APIキーを画面から削除している

7.APIキーの文字列が誤っている

8.APIのアクセス権限が不足している(API登録時に「参照」「取引」「出金」をお選び頂けます)

なるほど。
どれも当てはまらない。

ってことで、APIキーを再生成してみた。

すると…、
プライベートAPIが使えるようになった!

今までの苦労は何だったのか。
結局原因は分からず。

■結論
APIのプライベートAPIでエラーコード「20001」が出たら、とりあえずAPIキーを作り直して再チャレンジすると良い。

以上。

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « 小田原城で花見 | メイン | bitbankのAPIを使ってrubyでBOT自動売買してみた » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/1620

コメントする