old « mixi新デザイン | メイン | かんたんRuby on RailsでWebアプリケーション開発 04 » new

かんたんRuby on RailsでWebアプリケーション開発 03

2007年10月01日

3日目。

実際にやったのは数日前だけど、解説を読み終わったのが今日なので今日投稿。
量が多くなってくると本見てコード打つのは大変だからサンプルファイルをコピペしてます。
自分で打たない分、ちゃんと解説を読んで理解しないとすぐに忘れる。

3日目はAjaxを使った簡易計算機の作成。

以下メモ。

・パーシャルrhtml:部分的に(partial)更新を行う為のrhtmlファイル。
 ファイル名の先頭はアンダーバー( _ )で開始。

・text_field_tag:引数で指定した名前のテキストフィールドを生成。
・select_tag:引数で指定したオプションを持つセレクトタグを生成。
・observe_field:引数で指定したフィールドを監視し、更新された場合にAjaxでデータ送受信を行う。
・link_to_remote:引数で指定した値を表示するリンクを生成。クリックされるとAjaxでデータ送受信を行う。

例:

<%= text_field_tag :left %>
<%= select_tag :operator,'<option>+</option>…</option>'%>
<%= observe_field :right, :update => :result, :url => 'calc', … %>
<%= link_to_remote '=', :update => :result_list, position => :top, … %>

・observe_field、link_to_remoteで使える引数例:
 :update:結果を表示するタグのidを指定
 :url:サーバーURLを指定。1つの文字列ならば同一コントローラーのアクション名となる。
 :position::updateで指定した要素のどこに表示するか。
       :top:先頭、:bottom:最後、:before:要素の直前、:after:要素の直後
 :submit:データを送信するフォームまたは子要素を持つ親のidを指定

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « mixi新デザイン | メイン | かんたんRuby on RailsでWebアプリケーション開発 04 » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/417

コメントする