old « 野毛山動物園のレッサーパンダ | メイン | Pale Moonで「最近閉じたタブ」が使えない(グレーアウト)時の対処法 » new

「android.process.acore」のエラーが表示されるときの対処法

2018年05月02日

少し前から、Andoroid端末(SH-01G)で以下のエラーが突然表示されるようになった。

問題が発生したため、プロセス「android.process.acore」を終了します

エラーが表示されるだけなら良いんだけど、起動しようとしていたアプリが終了しちゃって使えなくなるのがとても痛い。

原因は、電話帳にアクセスするアプリが何かしらの原因で何かしらの悪さをしているらしいんだけど、これっていう原因は分からないらしい。
色々対処法を調べてみて試してみるものの、決定的なものが見つからずに困ってた。

今回、以下の方法で(多分)解決したので、メモしておくよ。

【端末】
モデル番号:SH-01G
Android:5.0.2

【エラーの対処法】
1.「設定」⇒「ロックとセキュリティ」⇒「デバイス管理機能」を開いて、「端末を探す」のチェックを外す。

2.「設定」⇒「アプリ」⇒「全て」⇒「Google Play開発者サービス」を開いて、
 「アップデートのアンインストール」
 「キャッシュを消去」
 を実行する。

3.端末を再起動する。

4.通知領域に「Google Play開発者サービス」をアップデートしてくれ!的な通知がいっぱい出てくるはずなので、その通知を出しているアプリに対して、以下を実施。

「設定」⇒「アプリ」⇒「全て」から対象のアプリを開いて、
 「キャッシュを消去」
 「データを消去」
 「強制停止」
 「アップデートのアンインストール」
 を実行する。

 今回は、以下のアプリに対して実行した。
 ・フォト
 ・Google Play Music
 後なんだっけ…。忘れた。

5.通知領域の「Google Play開発者サービス」の更新を促すメッセージを適当に1つタップして、「Google Play開発者サービス」を「更新」する。

6.「設定」⇒「ロックとセキュリティ」⇒「デバイス管理機能」を開いて、「端末を探す」のチェックを付ける。

7.端末を再起動する。

このあと、エラーが出ていたアプリをいくつか開いてみて、エラーが出なければ多分直ってるはず。

(参考)
http://aloe.diary.to/archives/8858893.html


【追記】
SH-01H向けに、docomoから正式な対応方法が出てるので紹介。

「AQUOS ZETA SH-01H/AQUOS Compact SH-02H」OSバージョンアップ後に不具合事象が発生した場合の対処方法について

リカバリーアプリで対応するらしい。
試しにアクセスしたら、非対応機種って言われたから、この方法はSH-01H専用みたい。

【追記2】
解決したと思ったら、最近のアプリのアップデートで再発するようになった。
複数のアプリが関連しているって言う情報もあって、具体的にどれが原因って言うのが特定しづらいのが難しいところ。

で、解決策としては、「Google Play開発者サービス」を使っているアプリの中で、普段使わないアプリは「無効」にしてしまえば良い感じ。

「フォト」とか「Google Play Music」とか「GBoard」とか、普段使わないものを無効にしてみた。
そうしたら、自動的にアップデートもされないし、再発する確率が減ると思う。

ちなみに自分の環境だと、「フォト」が原因なんじゃないかな?と思ってる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « 野毛山動物園のレッサーパンダ | メイン | Pale Moonで「最近閉じたタブ」が使えない(グレーアウト)時の対処法 » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/1623

コメント

フェイスブックをアンインストールしたら、しばらくandroid.process.acore という表示はでなかったんですが、また出るようになりしかも以前よりひどくなったような状態でした。それでショップに持っていって見てもらったら、クリーン系のアプリを4つほどアンインストールしてくれて、そしたら全く出なくなりました。

コメントありがとうございます。
ショップでも対応して貰えるんですね。
この手のOSやアプリに依存する問題はショップでの解決は難しいんじゃないかと思っていました。

コメントする