old « アレルギー検査 | メイン | 高松宮記念 » new

歯のクリーニング

2012年03月25日

去年の会社の健康診断で、歯石がちょっと付いてる的なことを聞いたので、
大分時間が経ったけど、歯のクリーニングに行ってみた。

歯医者なんて小学生時代に一度だけ行ったきりで、
ここ十年以上行ってないから、どんな感じなのかよく分からんけど、とりあえず突撃。

まず、歯科衛生士さんが歯をチェック。
「歯石が少し付いてますねー。クリーニングはいつぶりですか?」
とか言われる。

クリーニングは初めてって答えると、
「初めてだとしたら、結構綺麗に歯磨けてますね。」
とか何とか。

歯石除去の第1弾は、超音波的な音を発する電気器具で、歯の根本付近をなんかする。
目隠しされたせいで、どんな器具で何されてるのか全く分からなかった。

第2弾は、
「細かいところをやっていきますねー。」
とか言って、衛生士さんがスケーラー(鎌みたいなやつ)で歯石をガリガリ。
歯石を削ってるんだか歯を削ってるんだか分からないけど、とりあえず歯肉と歯の隙間とか、歯と歯の隙間とかをガリガリ。

最後に、モーターで回る感じの何かを装備した器具に、研磨剤だかなんだか知らない何かを付着させて、歯の表面を磨く。

最後の最後で歯科医師が登場して、口腔内の最終チェック。
「虫歯もないし、歯槽膿漏もないので、あとは半年に一度くらい定期的に検査に来ると良いですよ。」
などと言われて終了。

初めてやった感想としては、
痛みは無いことはないけど、口開けてぼーっとしていれば勝手にやってくれるし、
お値段も思ったより高くなかったから、たまに行ってやるのは良いかも。

あ、口開けてぼーっとっていうのはちょっと嘘で、やたらと
「口開けてー」「口閉じてー」って言われてちょっと忙しかった。
開けっぱじゃダメなの?って思った。

ちなみにお値段は初診料込みで2450円。
4,5千円するものだと思ってたからちょっと得した気分。
最後の研磨で表面がトゥルってするし、たまに行くくらいなら良いかも。

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « アレルギー検査 | メイン | 高松宮記念 » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/1220

コメントする