old « 懲りずにMTカスタマイズ中 | メイン | 天皇賞 » new

Java 1703

2006年10月28日

同学校友人向け。

メインメソッドの中身は適当です。

Bookshelf

package j2.lesson04;

public class Bookshelf {


//蔵書数
private int bookcount = 0;
//次に追加する蔵書の配列インデックス
private int nextbookindex = 0;
//本棚(Book型配列)
private Book[] bookshelf = new Book[20];
//蔵書の合計ページ数
private int totalpages;

//コンストラクタ
public Bookshelf(){

}

//この本棚にある蔵書の総数を返す
public int totalBooks(){
return bookcount;
}

//この本棚にある蔵書の合計ページ数を返す。一冊もなければ0を返す。
public int totalPages(){
if(bookcount == 0){
return 0;
}
else{
for(int i=0; i totalpages += bookshelf[i].getPages();
}
return totalpages;
}
}

//指定された本をこの本棚に追加する。最大20個まで。それ以上ならfalse
public boolean put(Book book){
if(bookcount >= 20)
return false;
else {
this.bookshelf[nextbookindex] = book;
bookcount++;
nextbookindex++;
return true;
}

}

//蔵書リストを表示する。
//表示する順番は格納された順番と同じで、各蔵書の表示を改行で区切る。
//各本の表示形式は、BookクラスのtoString()と同様。
public void showList(){
if(bookcount != 0){
for(int i=0; i System.out.println(bookshelf[i].toString());
}
}
}

//メインメソッド
public static void main(String[] args){
Bookshelf a = new Bookshelf();
for(int i=0; i<=19; i++){
a.put(new Book("書籍" + String.valueOf(i+1),10*(i+1)));
}
System.out.println("総書籍数:" + a.totalBooks());
System.out.println("総ページ数:" + a.totalPages());
System.out.println("書籍リスト:");
a.showList();



}
}
このエントリーをはてなブックマークに追加

old « 懲りずにMTカスタマイズ中 | メイン | 天皇賞 » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/135

コメントする