僕が七不思議になったわけ

2014年08月18日

僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫)
小川晴央
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014-02-25)
売り上げランキング: 34,744
石橋を叩いても渡らない心配性の高校生・中崎夕也はある夜、七不思議を司る精霊・テンコと出会う。深夜の校庭に桜が舞い散る中、宙に浮かぶ袴姿の彼女は、高らかに不吉な言葉を彼に投げかけるのだった。「おめでとう、お主はこの学校の新しい七不思議に選ばれた」なんと彼は七不思議の引き継ぎに、仮登録されてしまったのだ!生きながらも七不思議の一つとなった少年の日々を綴った、思わずもう一度読み返したくなるミステリアス・ファンタジー。第20回電撃小説大賞金賞受賞作。

メディアワークス文庫で評価が高めという理由で買った本。
電撃小説大賞の金賞作品だとか。

この作品を一言で言うと、
「ほのぼの学園ファンタジーかと思ったらミステリーだった。」

構成が上手いなとおもった。
春の章、夏の章、・・・、春の章っていう流れで、地の文の一人称が交互に変わってりしているあたりが、後半で明かされるトリックと上手く繋がってる。

個人的にはこういうミステリは好きじゃないんだけど、この作品に関しては、あーなるほど、上手いって思った。
2回読み返したくなる作品。

文章やキャラの個性については目立って良いところもないけれど、文章自体は割と平易で読みやすい。
スラスラ読める点については、2回読みしやすいという意味で良いと思う。

評価:★★★★☆ 4.5


ホットケーキミックスでフルグラ入り抹茶風味スコーン作った

2014年08月14日

DSC_6617_LR1.jpg

余ってたホットケーキミックスを使ってスコーンを作った。
そもそもスコーンって何かよく分かってないけど、スタバで売ってるようなあれのようなもの。

■材料
ホットケーキミックス:150g
マーガリン:55g
牛乳:30ml
粉末茶:適量
フルグラ:適量

■作り方
1.マーガリンをヘラでねりねりする。
2.ホットケーキミックスと粉末茶を加えて混ぜる。
3.牛乳を入れて混ぜる。
4.フルグラを入れて混ぜる。
5.レンジの回転盤にクッキングシートを敷いて、生地を2cmくらいの円形にのばして、放射状に8等分。
6.200度で20分焼く。

さっくりしててなかなか美味しい。
フルグラの歯ごたえも良し。
粉末茶はもっと入れても良かったかも。

フルグラうますぎるからこの間800g×6袋のセットを買っちゃった。

安達としまむら

2014年08月14日

安達としまむら (電撃文庫)
入間 人間
アスキー・メディアワークス (2013-03-09)
売り上げランキング: 6,979
体育館の二階。ここが私たちのお決まりの場所だ。今は授業中。当然、こんなとこで授業なんかやっていない。ここで、私としまむらは友達になった。好きなテレビ番組や料理のことを話したり、たまに卓球したり。友情なんてものを育んだ。頭を壁に当てたまま、私は小さく息を吐く。なんだろうこの気持ち。昨日、しまむらとキスをする夢を見た。別に私はそういうあれじゃないのだ。しまむらだってきっと違う。念を押すようだけど、私はそういうあれじゃない。ただ,しまむらが友達という言葉を聞いて、私を最初に思い浮かべてほしい。ただ、それだけ。日常を過ごす、女子高生な私としまむら。その関係が、少しだけ変わる日。

最近全然本読んでないなーって思って、前回の本エントリ確認したら日付が4/13だった。
4ヶ月も経ってる。
いやー月日が経つのは早いねぇ。

さて、安達としまむら。
入間人間さんなので、作者買い。
ラノベだけど、内容はゆるそうだし、ほのぼの系でよさそうかなと思って。

内容は、女子高生二人が授業をサボって卓球したりする話。
特にストーリーがあるわけでもなく、女の子二人がまったり過ごすだけ。
少々百合っぽさもあって、「安達→しまむら」な感じ。
後半は特にね。

入間作品らしく、途中で謎の宇宙人が登場したりする。
電波女と青春男に出てきた宇宙人と同一人物かと思って読んでたんだけど、あとで調べたら別人だった。
電波女と青春男に出てたのが星宮ヤシロで、安達としまむらに出てたのは知我麻ヤシロ。
知我麻ヤシロが作中でドーホーを探してるって言ってるのは星宮ヤシロを指してたみたい。

宇宙人は特にストーリーには影響しないけど、入間作品のクロスオーバーは元ネタを知ってるとちょいとにやっとする感じで面白い。

全体としては、ストーリーが特に面白いとかいうこともないけれど、安達としまむらのやりとりがほんわかで楽しい。
ラノベらしい感じ。
続編も出てるけど、進んで買おうと思うほどでもないかな。

評価:★★★★ 4.0


うつのみや花火大会に行ってきた

2014年08月11日

うつのみや花火大会を見に行ってきた。

ちょうど台風13号が接近してて、その日は降水確率70%とかなかなかの雨予報。
でも、台風の速度が当初の予想より遅れてて、当日も昼頃はあまり雨が降ってなかった。
多少降ったり止んだりはしてたけど、降り続いてる感じではなかった。

打ち上げ場所の河川敷に来たぐらいでまた雨が降り出して、既に場所取りしてる人もいたけど雨の中でシートに座ってちょっと大変そうな感じ。
かといって止むまで待つのもあれなので、仕方なく場所決めてコンパクトにシート敷いて傘さして待機。

すると打ち上げ前には雨が止んで、開催決定のアナウンスも流れた。

花火大会は無事開催して、そこそこの近距離で2万発の迫力ある花火を楽しめた。
レンズの広角端で縦位置にしてもはみ出るくらいの大きな尺玉とかなかなか味わえないよね。

内容はとても良くて、悪天候予報のせいで人の入りも少なくて環境としては良かったかな。
ただ、その人出でも帰りの大渋滞は酷くて、バス乗り場まで大行列だった。
晴天だったらもっと酷いんだろうなと思うと、一度で良いかなとも思う。

以下写真。

DSC_6377_LR1.jpg

DSC_6380_LR2.jpg

DSC_6407_LR3.jpg

DSC_6410_LR4.jpg

DSC_6412_LR5.jpg

DSC_6426_LR6.jpg

DSC_6432_LR7.jpg

DSC_6452_LR8.jpg

DSC_6459_LR9.jpg

DSC_6464_LR10.jpg

DSC_6469_LR11.jpg

DSC_6473_LR12.jpg

DSC_6518_LR13.jpg

DSC_6521_LR14.jpg

DSC_6537_LR15.jpg

DSC_6542_LR16.jpg

DSC_6543_LR17.jpg

DSC_6554_LR18.jpg

DSC_6563_LR19.jpg

DSC_6586_LR20.jpg


昭和記念公園花火大会に行ってきた

2014年07月27日

去年ゲリラ雷雨で中止になった、昭和記念公園の花火大会にリベンジ。

今年も猛暑だったけど、去年とは違って雷雨に降られることもなく最後まで見られた。

15時半頃に公園について、場所確保して19:20まで待機。
昼から場所撮るなら日傘必須。

打ち上げ場所は隣接してる自衛隊の駐屯地で、会場になってるみんなの原っぱから見ると東側。
ちょうど境に背の高い木が立ってて、低めの花火は割と隠れるのがちょっと残念。
観覧場所はみんなの原っぱ限定って言ってるから、間に木が入るのは分かってるはずなのに、低めの花火を上げるのはなんなのか。
もうちょっと高く上がると見やすいんだけどね。

花火自体は、5000発で少なめだけど、1尺玉もそこそこ上がってたから割と楽しめた。

以下写真。

DSC_6129_LR1.jpg

DSC_6149_LR2.jpg

DSC_6162_LR3.jpg

DSC_6167_LR4.jpg

DSC_6186_LR5.jpg

DSC_6187_LR6.jpg

DSC_6189_LR7.jpg

DSC_6205_LR8.jpg

DSC_6206_LR9.jpg

DSC_6219_LR10.jpg

DSC_6221_LR11.jpg

DSC_6222_LR12.jpg

DSC_6234_LR13.jpg

DSC_6245_LR14.jpg

DSC_6249_LR15.jpg

DSC_6252_LR16.jpg

DSC_6279_LR17.jpg

DSC_6298_LR18.jpg

DSC_6311_LR19.jpg

DSC_6332_LR20.jpg

DSC_6342_LR21.jpg


日本橋のアートアクアリウムに行ってきた 2014

2014年07月22日

去年に引き続き、日本橋のアートアクアリウムに行った。

去年は時期的に夏休みも終わった9月の平日だったけど、今回は夏休み突入直後の休日。

コレド室町に行ったら、入場規制かかってるとかで120分待ちの表示。
優先入場券、当日指定券以外の人は地下通路の長蛇の列に並ばされる。
蒸し暑い中1時間待たされた。
待ち時間が表示の半分の時間で済んだのが幸い。

アートアクアリウムに関しては、さすがに去年とは違う部分がいくつかあった。
ただし基本的には同じような感じ。

残念だったのは、前回大分酷いと感じた照明が何も改善されていないこと。
真っ赤とか真っ青とか気持ち悪いくらいの色の照明が今回も健在。
企画側はアレが演出として大事だと思ってるんだろうか。
金魚の美しさとかが完全に殺されてるんだけど。

プロジェクションマッピングの映像作品も、前回は横長の大きいものと、着物バージョンと2つ合ったけど、今回は短い屏風のものが1つだけ。
配置もいまいちで、前の人がどかないとほぼ見ることすら出来ない。

以下写真。
混雑に加えて、前回のを知ってるから写真は大分諦めてて、ほぼまともな写真は撮れなかった。

DSC_5988_LR19.jpg
ボンボリウム。
カラフルに照明の色が変わる。
割と綺麗。

DSC_6052_LR20.jpg
金魚コレクション。
去年あった品種の表示が無かったような気がする?
見えなかっただけかな。

DSC_6054_LR21.jpg
金魚コレクションその2。

DSC_6076_LR22.jpg
金魚コレクションその3。

DSC_6080_LR23.jpg
アースアクアリウム・ジャポニズム。
大きい地球の水槽に金魚が泳いでる。
構造上の問題なのか、糞が下層に滞留してたのがちょっと残念。


吉祥寺の猫カフェ「てまりのおうち」に行ってきた(2回目)

2014年07月22日

1年以上ぶりにてまりのおうちに行った。

前回の時点ではまだ小さかった猫も結構大きくなってた。
それに伴ってか活発さも少し無くなったかな。
割と猫らしくだらんとしてるのが多かった。

お店自体も大分知名度が上がったのか、午後あたりでは人が結構入ってきて、
ちょっと混みすぎて居心地悪い感じ。
混んでる状態で入ってきたお客さんも、混み具合に驚いてた感じの発言をしてた。
広さはあるけど、人間が多いとやっぱりちょっと窮屈だし、まったりするにはちょっとね。

午前中からいたそこそこの歳いってる独身ノマドワーカーみたいな常連っぽい女性がキャッキャしながらおもちゃ振り回して猫に遊んで貰ってる様はちょっと見ててあれな感じがした。
猫好きなのは良いんだけどね。
なんだろうね。

以下写真。

DSC_5723_LR1.jpg
みるく。
相変わらずの可愛さ。
ちょっとぽにょった気がする。

DSC_5750_LR2.jpg
もっぷ。
前回はいなかった猫。
長毛種のマンチカン。
美猫でもふもふで短足とか反則。

DSC_5772_LR3.jpg
もっぷその2。

DSC_5774_LR4.jpg
もっぷその3。

DSC_5804_LR5.jpg
もっぷその4。

DSC_5811_LR6.jpg
ドロシー。

DSC_5823_LR7.jpg
きびたろう。

DSC_5831_LR8.jpg
きびたろうその2。

DSC_5836_LR9.jpg
ガトーショコラ。
まじうまい。

DSC_5842_LR10.jpg
シフォン。

DSC_5848_LR11.jpg
かかし。

DSC_5856_LR12.jpg
フィガロ。
大分巨大化して毛も伸びてた。

DSC_5859_LR13.jpg
つくし。

DSC_5876_LR14.jpg
フィガロその2。

DSC_5881_LR15.jpg
バルーン。

DSC_5891_LR16.jpg
トミー。

DSC_5932_LR17.jpg
くま吉。
ご予約席に居座っておる。

DSC_5970_LR18.jpg
みるくその2。


川崎大師の風鈴市に行ってきた 2014

2014年07月19日

去年に引き続き、川崎大師の風鈴市に行ってきた。
友人のお誘いで。

今日はあいにくの雨予報で、小雨も降ってたりもしたけど、途中から止んでくれて大雨にはならずに済んだ。

風鈴のラインナップは割と去年と似たような感じだったけど、同じ名前の風鈴でも形とか絵が違ったり、去年にはなかった風鈴があったりで、2年連続でもなかなか楽しめた。

あ、ただ、高価な薩摩切り子風鈴と展示用の金銀プラチナ風鈴がガラスケースに入って、警備員まで付けてたのにはちょっとなーって感じだった。
一番肝心な風鈴の音聞けないし。
去年は普通に他の風鈴と同じようにぶら下がってたのになぁ。
残念。

以下写真。

DSC_5628_LR1.jpg
埼玉の奥武蔵ガラス風鈴。
ねこ型のかわいい奴。

DSC_5630_LR2.jpg
東京の江戸切子風鈴。
透明で綺麗。
トンボがかわいい。

DSC_5638_LR3.jpg
奥武蔵ガラス風鈴
ねこ型だけど顔はなくて模様だけ。

DSC_5640_LR4.jpg
北海道のどさんこ風鈴。
色んな形がある。

DSC_5645_LR5.jpg
岩手のりんご風鈴。
見た目はとてもインパクトあって良いけど、音がいまいちなのが残念。

DSC_5648_LR6.jpg
愛知の常滑焼風鈴。

DSC_5650_LR7.jpg
兵庫の播州姫路夏色風鈴かな?

DSC_5657_LR8.jpg
長野の諏訪ガラス風鈴。

DSC_5680_LR9.jpg
福島の喜多方蒔絵風鈴。
ここのは安くて絵も綺麗で音もなかなか良い。

DSC_5685_LR10.jpg
りんご風鈴再び。

DSC_5697_LR12.jpg
これも福島の喜多方蒔絵風鈴。
去年はこの細長い形はなかった。
丸い形より音が響く。

DSC_5699_LR13.jpg
これは…。わからない。

DSC_5701_LR14.jpg
大阪の大阪河内風鈴。

DSC_5704_LR15.jpg
風鈴とは関係ないけど境内の吸い殻入れ。
なんか素敵。


山下公園のすずめ 2014夏

2014年07月16日

会社がお休みだったので、山下公園に散歩に行ってきた。

日差しが熱くてとろけそうだった。

山下公園のすずめも暑いらしく、水浴びしてた。
去年も同じ場所で撮ったけど、水浴びしてるすずめは可愛い。

以下写真。

DSC_5523_LR1.jpg
水浴び1。

DSC_5542_LR2.jpg
水浴び2。

DSC_5545_LR3.jpg
水浴び3。

DSC_5553_LR4.jpg
凛々しい髪型。

DSC_5588_LR5.jpg
かくれんぼ的な何か。

DSC_5592_LR6.jpg
斜面にベタっ。

DSC_5607_LR7.jpg
まんじゅう。

DSC_5609_LR8.jpg
「着陸っ」
「いてっ」

DSC_5610_LR9.jpg
「頭踏むなこら」

DSC_5620_LR10.jpg
「反撃」
「うわーなにをするー」


河内ワインのエビス福梅を飲んだ

2014年07月04日

梅乃宿酒造のあらごし梅酒と、八木酒造のとろとろの梅酒に続いて3本目、河内ワインのエビス福梅を飲んでみた。

まず、一口目から前の2本とは違う。
酒特有の苦みが少ない。
あらごし梅酒が日本酒ベースで、とろとろの梅酒が焼酎ベースなのに対して、エビス梅酒はブランデーベース。
きっとこの違いだ。

ふわっと広がる甘い感じに、口に残る余韻が良い。

果肉入りでとろっと系の他2本より、こっちのが好きだ。
これは美味しい。

と言うわけで、3本飲んだ結果は以下。

梅乃宿酒造のあらごし梅酒:とろっと感は強いけど、やや苦みも強め。果肉入り。
八木酒造のとろとろの梅酒:あらごし梅酒と同系統だけど、苦み少なめでスッキリで飲みやすい。
河内ワインのエビス福梅:苦みが少なく、ブランデーベースで深みがあってうまい。

河内ワインのエビス福梅がオススメ。