HDMIセレクターと光デジタルオーディオセレクターを買った

2018年12月05日


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/1.8, ISO450
上:VCANDO SPDIF/TosLink 光デジタル 切替器 4入力2出力
下:Tendak HDMI 切替器 5入力 1出力 + 音声 分離(SPDIF 光デジタル・RCA L/R)

Nintendo SwitchのHDMI出力から音声を分離して、PCの音声出力と同じスピーカー&ヘッドホンで聞けるようにするために、HDMIセレクターと光デジタルオーディオセレクターを買った。

■Switchの音声分離
Switchは音声出力がなくて、HDMIで映像と音声混合で出力されるから、音声を取り出すためにHDMI音声分離器が必要なんだけど、今後のことも考えてHDMIセレクターと音声分離器が一体化した製品を買った。

■PCとSwitchの音声入力統一
PCの音声出力はヘッドフォンアンプ(CARAT-TOPAZ signature)に光デジタル入力して、アナログ変換してスピーカー(GX-100HD)に繋いでる。
そこにSwitchの音声も繋ぎたいから、オーディオセレクタを買った。

■構成
hdmi_audio_selector.PNG

■VCANDO 光デジタルオーディオセレクター
入力:SPDIF/TosLink(角形コネクタ) * 4
出力:SPDIF/TosLink(角形コネクタ) * 2
電源:ACアダプタ

切替器と分配器の両方の機能を持ってる。
ちゃっちいかなと思ったけど、筐体は金属製で、それなりにしっかりしてる。
ただしリモコンはちゃっちい。

amazonレビューでは基板と端子の固定が甘いって言うコメントもあったけど、今のところ特に不具合は無い。

価格はamazonで約3000円。(2018/12/05時点)

なお、正式な製品名は不明。

■Tendak HDMIセレクター
入力    :HDMI * 5
出力(映像):HDMI * 1
出力(音声):SPDIF/TosLink(角形コネクタ) * 1、RCA(アナログL/R) * 1
電源    :ACアダプタ

HDMIの5入力を1出力にまとめられる。
更に、音声のみを光デジタルまたはアナログに分離して、アンプとかスピーカーとかに繋げられる。

筐体は若干ちゃっちい感じはあるけど、前面パネルは悪くないかな。
リモコンはちゃっちい。

Switchを繋いで電源入れたら、何故か画面に何も映らなくて、これは不良品か?って思ったけど、1回他の端子をボタンで選択してからSwitchが繋がってる端子を選択し直したら繋がった。
何度やってもそんな感じだから、そういう仕様みたい。
最初は戸惑ったけど、慣れれば大したことでは無いかな。

価格はamazonで約4000円。(2018/12/05時点)
この価格でこれだけの機能を持ってればコスパは結講良いと思う。

なお、正式な製品名は不明。

■ざっくり感想
この辺の製品って、中国製のかなり怪しい製品ばっかりでまともなものが少なそうで選ぶのが大変だった。
とりあえず、色々見た中でなんとか無難そうで安めのものを買ったけど、今のところ機能的には問題なし。
後は寿命がどうかというところだけど、それは使ってみないと分からない。
何かあれば今後追記したい。

■ケーブル
HDMIケーブルと光デジタルオーディオケーブルはamazonベーシックのものが安くて品質も良くておすすめ。


昭和記念公園花火大会に行ってきた(2018冬)

2018年11月24日

立川の昭和記念公園花火大会に行ってきた。

今年の夏の花火大会は台風の影響で一旦は中止になったんだけど、その後11/23に延期することが決まったらしい。
初の冬花火。

冬開催ということで、開始時間は夏より1時間遅い18時。
それに合わせて、昭和記念公園の無料開放も16時から。

■混雑とか場所取りとか
15:30過ぎに立川駅に着いて、16時過ぎに昭和記念公園に到着。
途中のセブンイレブンは入場規制するほど混んでて、おにぎりとかサンドイッチは売り切れてた。
別のところで買ってから行くのが良いね。

メイン会場のみんなの原っぱに着いたのが16時半過ぎくらい。
入り口に近いところはそこそこ混んでたものの、奥の方はまだまだ大分空いていたから、場所取りはかなり余裕があった。
いつもは中央の大きな木より手前側に位置取るけど、今回は大きな木と東側の駐屯地の間くらいに位置取った。

■寒さとか
初の冬花火ということで、一応温かい格好で行ったつもりだったんだけど、予想以上に寒かった。
特に足先がかなり冷える。
ホット飲料もすぐ冷めちゃったし、手足が冷える中で打ち上げ開始まで耐えるのはなかなか厳しかった。
ただ、100均で買った小さい折りたたみクッション?みたいなもの意外に役に立って、地面の冷たさを軽減するのにとても有効だった。

冬花火に行くなら、2重靴下と冬用のズボン、手袋あたりを用意した方が良さそう。
結講本気で足湯が欲しかった。

■花火
そして肝心の花火。
今年は60周年と言うことで、とても気合いが入ってた。

都内最大級の1.5尺玉が10発くらい上がった。
かなり近くで迫力ある花火が楽しめる。
スターマインも、左右バランス良く打ち上げてくれるから写真も撮りやすくて、全体的に見ていて飽きない。

そして目玉の芸術玉10連発。
音声が聞こえなかったからいつ始まったのか分からなかったけど、1尺玉が連続で来たから途中で気づいた。
個性ある1尺玉が10発も楽しめるのはなかなか貴重。

ラストはスターマインで終わったと思わせておいて、最後の最後で1.5尺玉5連発。
似てるけど微妙に違う柳系の大玉。
とにかく大きさと音と振動を間近で味わえる。

全体を通して、今年の立川の花火はとても満足度が高かった。
今後も冬開催があれば防寒対策だけはしっかりして、是非また来たいと思う。

以下写真。


NIKON D500, 18mm(27mm), 21/5sec, f/14.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 2/1sec, f/14.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 13/1sec, f/14.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 17/1sec, f/18.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 21/1sec, f/22.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 37/10sec, f/22.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 10/1sec, f/22.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 17/1sec, f/22.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 31/1sec, f/22.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 25/1sec, f/22.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 24/1sec, f/22.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 13/1sec, f/22.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 16/1sec, f/22.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 25/1sec, f/22.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 15/1sec, f/22.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 16/1sec, f/22.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 16/1sec, f/22.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 33/1sec, f/22.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 29/1sec, f/22.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 48/1sec, f/22.0, ISO100

↓ここから芸術玉10連発


NIKON D500, 18mm(27mm), 12/1sec, f/22.0, ISO100
昇曲付 ミラクル万華鏡。
時間差で開く珍しい花火。


NIKON D500, 18mm(27mm), 14/1sec, f/22.0, ISO100
昇朴付 芯入群光千輪。


NIKON D500, 18mm(27mm), 18/1sec, f/20.0, ISO100
昇小花 モノクロームの金華。


NIKON D500, 18mm(27mm), 13/1sec, f/20.0, ISO100
昇曲導付 越の花衣 ~静~。
青い花に白く煌めく光の相性が抜群に良い。


NIKON D500, 18mm(27mm), 10/1sec, f/20.0, ISO100
昇小花 八重芯ステンド牡丹。
これは文句なしで綺麗。
単なる7色のカラフルな花火っていうだけでなく、中央の煌めく金色の花と、昇小花があることでより一層綺麗に見える。


NIKON D500, 18mm(27mm), 14/1sec, f/20.0, ISO100
昇曲付 夜空の花時計。
いたばしの花火でも見た、花時計。
この花火はかなり好きなんだけど、今回のはちょっと形が崩れちゃったのが残念。


NIKON D500, 18mm(27mm), 17/1sec, f/20.0, ISO100
昇曲導付 彩花芯銀閃冠。


NIKON D500, 18mm(27mm), 16/1sec, f/20.0, ISO100
昇曲付 三重芯変化菊。


NIKON D500, 18mm(27mm), 11/1sec, f/20.0, ISO100
昇銀朴 万華鏡。
これもまた写真に映える好きな花火。
上昇中の太い尾も良いね。


NIKON D500, 18mm(27mm), 30/1sec, f/20.0, ISO100
昇曲付 三重芯錦冠菊。
これ系の花火は写真にするとぱっとしないけど、生で見ると迫力があるし、長時間残る花火の余韻が良い。


NIKON D500, 18mm(27mm), 17/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 15/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 25/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 46/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 39/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 27/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 12/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 16/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 40/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 20/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 26/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 17/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 40/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 11/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 44/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 20/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 37/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 83/10sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 22/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 45/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 30/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 45/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 11/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 13/1sec, f/20.0, ISO100


NIKON D500, 18mm(27mm), 22/1sec, f/20.0, ISO100
ラストの1.5尺玉。
紫小花入錦冠。


NIKON D500, 18mm(27mm), 25/1sec, f/20.0, ISO100
彩色小花入錦冠。


NIKON D500, 18mm(27mm), 23/1sec, f/20.0, ISO100
咲分芯錦冠。

以上。

今回の花火は本当にとても良かった。
いやホント素晴らしかった。

あと大事なこととしては、立川の花火はかなり親切設計。
開始1時間前と30分前にそれぞれ開催合図かつ打ち上げ場所目安の花火を上げてくれるし、終了合図の花火もちゃんと上げてくれる。
大玉花火を上げる前は一定の間を取って煙をどかせてくれる。
この辺りの心遣いがあるのとないのでは大違いだね。


ネット通販でハオルチアを買った

2018年11月21日

ネット通販のカクタスYUUというショップでハオルチアを買った。

特に欲しかったのが「三仙寿」というかなり肉厚大粒の品種。
三仙寿以外は同じショップで良さげなものを他に3つ買って、合計4つ。

大型オラソニー三仙寿 9cmポット
 1500円
オブツーサ トゥルンカータ MBB386 7.5cmポット
 598円
USA特大H.imperialis 7.5cmポット
 1000円
ドドソン紫オブツーサ 7.5cmポット
 1000円

梱包はかなり丁寧で、1つずつ土がこぼれないようにティッシュを多肉と鉢の間に詰めて、その上に更にティッシュを被せて、それを紙で覆われてた。
隙間は新聞紙でしっかり詰めて動かないように固定されてた。
これなら宅配業者が多少雑に扱っても大丈夫そうだった。

以下写真。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/4.5, ISO2200
大型オラソニー三仙寿。
三仙寿はオラソニーっていう品種によく似た別の品種らしい?


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/4.5, ISO2500
大型オラソニー三仙寿。
葉の1枚1枚が非常に大きくて肉厚なのが特徴。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/4.5, ISO2200
USA特大H.imperialis。
インペリアリスっていうのかな?


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.0, ISO1600
USA特大H.imperialis。
やや葉っぱが長めで先端が尖ってる品種。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/4.5, ISO2200
オブツーサ トゥルンカータ MBB386。
みんな大好きオブツーサ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.0, ISO1600
オブツーサ トゥルンカータ MBB386。
MBB386っていうのは品種の番号か何かかな。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/4.5, ISO1600
ドドソン紫オブツーサ。
その名の通り、紫色のオブツーサ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO1250
ドドソン紫オブツーサ。
ドドソンっていうのは人の名前らしい。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.6, ISO2800
ハオルチア4種。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.0, ISO640
大型オラソニー三仙寿。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.0, ISO720
USA特大H.imperialis。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO900
オブツーサ トゥルンカータ MBB386。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO800
ドドソン紫オブツーサ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.3, ISO160
オブツーサ トゥルンカータ MBB386。
LEDで後ろから照らしたところ。
ハオルチアは逆光がとにかく綺麗。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/125sec, f/3.2, ISO100
USA特大H.imperialis。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.3, ISO110
大型オラソニー三仙寿。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.3, ISO125
ドドソン紫オブツーサ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO1250
水槽に植えてみた。
下の方の3つは、玉緑2つとマスカット。
土は刀川平和のサボテン・多肉植物の培養土
かなり粒が揃っていて植えやすいし、微塵も少なくて良い感じ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/4.5, ISO2000
ドドソン紫オブツーサ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/4.5, ISO2800
USA特大H.imperialis。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/4.5, ISO3200
大型オラソニー三仙寿。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/4.5, ISO3200
オブツーサ トゥルンカータ MBB386。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/4.5, ISO2800
玉緑その1。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.6, ISO3600
マスカット。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.6, ISO4000
玉緑その2。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.6, ISO1000
ドドソン紫オブツーサ。
後ろからLEDを当ててみた。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.6, ISO1000
USA特大H.imperialis。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.6, ISO1250
大型オラソニー三仙寿。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.6, ISO900
オブツーサ トゥルンカータ MBB386。

↓ここからはハオルチア以外にホームセンターで先日買った多肉。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.6, ISO640
カランコエ属 黒兎(くろうさぎ)
月兎耳の仲間の黒兎耳とは別の品種らしい。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.6, ISO640
グラプトベリア属 白牡丹(はくぼたん)


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.6, ISO800
エケベリア属 レズリー


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.6, ISO500
グラプトベリア属 薄氷


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.6, ISO500
エケベリア属 ファンクイーン


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.6, ISO900
クラッスラ属 ロゲルシー


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/9.0, ISO1250
多肉水槽全体。
手前にいっぱいいたブロンズ姫は1株を残して撤去した。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/9.0, ISO900
多肉水槽のLEDとかファンとか。
結局LEDは4灯にした。
4灯にしてからまんべんなく光が当たるし光量も十分そうで、なかなか良い感じ。
ファンは12センチ角のUSB接続のもの。
風量の割に音が静かで良い。

水はけ重視で買った多肉植物の培養土。
粒が揃っててかなり扱いやすい。
とても良さげ。


金沢動物園に行ってきた

2018年11月11日

2011年以来、2回目の金沢動物園に行ってきた。

金沢動物園は割と高い位置にあるから、金沢文庫駅から徒歩で行くと良い運動になる。
動物園入り口まで片道40分程度。

動物園は、ほとんど変わりは無いんだけど、カピバラが増えてた。
草食動物オンリーで人気動物も少ない中で、カピバラが増えたのは結講嬉しい。

秋の良い天気の日曜日と言うことで、それなりに人はいたけど、広くて元々人の多くない動物園だから、見て回るのには全く困らない。
ほとんどが家族連れで、一部大学生か社会人っぽい若い集団、一部カメラ持ったおじさんっていう感じ。

金沢動物園は久々に来たけど、展示間が広くて高低差もあるから運動不足を解消するにはとても良い感じ。
人気のコアラは起きて動いているところも見えたし、タイミングもなかなか良かった。
カピバラの打たせ湯?的なイベントの時間と合わなかったのがちょっと残念だったかな。

以下写真。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/1000sec, f/4.0, ISO100
ヒガシクロサイ。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO500
アミメキリン。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/2500sec, f/4.0, ISO100
アラビアオリックス。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/2500sec, f/4.0, ISO100
角がとても長い。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO6400
コアラ。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO8000
今回は奇跡的に?起きてた。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO6400


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO5000
コアラって言うほど可愛いかな?って思う。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO7200
寝てるのもいた。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO1800
可愛い気もする…。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO3600


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO5600


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO10000


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/1600sec, f/4.0, ISO100
オオカンガルー。
1匹だけ白かった。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO200
こちらは普通の体色のカンガルー。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO280
オカピ。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO180
下半身がシマウマ模様。
何回見ても不思議な動物だ。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO900
タンチョウ。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO1400
首が柔らかい。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO450
ホンシュウジカ。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO320
黄昏的な。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO250
シロテナガザル。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO280
スーチョワンバーラル。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO560
ヤギっぽい感じ。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO220
ニホンカモシカ。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO800
インドサイ。
ガラス越しのエリアで至近距離過ぎた。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/800sec, f/4.0, ISO100
外のエリアで撮ったのはこちら。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO125
インドゾウ。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO180
300mmで巨体のゾウを撮ろうとすると、どう切り取るか悩む。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO1600
ガウル。
オッサンっぽい雰囲気。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/640sec, f/4.0, ISO100
ヤギ。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO160
茶色っぽいヤギもいた。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/800sec, f/4.0, ISO100
ミニブタ。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO110
ウマ(ポニー)。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO160
もういっちょミニブタ。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO125
みんな大好きカピバラさん。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO360
癒し顔だ。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO200
しかし大きいな…。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO220
オオツノヒツジ。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO140
紅葉バックに秋らしい感じ。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO180
カールしてて羊っぽい角だ。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO450
後ろにいるのはメスかな?


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO3200
シロイワヤギ。
日本にこの1頭しかいないとか。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO6400
カヤネズミ。
身近な生き物コーナー的なところにいた。
かわいい。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/2000sec, f/4.0, ISO100
モモイロペリカン。


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO125
ずっしりした感じ。飛べるのかな?


NIKON D500, 300mm(450mm), 1/500sec, f/4.0, ISO110
口を広げると迫力があるね。


以上。
動物は全部300mmで撮影。
やっぱり望遠単焦点だとかなり寄れるし、動物園には最適だね。


モンステラを植え替えた

2018年11月04日

2年前に買ったモンステラが大きくなってきて、ついに鉢の底から根が出始めたので植え替えることにした。
最近涼しくなってきて、植え替え時期的にはギリギリかな?


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/4.5, ISO1100
植え替え前のモンステラ。
大きい葉っぱも出てくるようになって、明らかに鉢が小さい。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/4.5, ISO1250
別角度の斜め上から。
最初は穴の無い葉っぱだったけど、最近は穴あきの葉っぱが出るようになった。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/2.8, ISO720
今の茎はわき芽から生えてきたやつが育ったものだから、元々の茎は結講細くて貧弱。
植え替えて安定させたい。
ちなみに茎からにょきっと生えてるのは気根で、土に潜ると根の役割をする。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/2.8, ISO2000
モンステラを鉢から外してみた。
予想以上に根鉢が張ってて、鉢底にも根が大分はみ出してた。
時期的に根は余りきりたくなかったけど、鉢底からはみ出た根は切らないとどうしようも無かったから切った。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/2.8, ISO5000
鉢底に残った太い根。
白っぽくて元気そうだし残しておきたかったけど切れちゃったものはしょうがない。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/4.0, ISO800
植え替え後のモンステラ。
鉢は二回りくらい大きいものに植え替えた。
ちょっと大きい気もするけど、これより小さいのが無かった。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/4.0, ISO2200
根元部分は深めに植えた。
気根も3本全て土の中に埋めて、土台を安定させる。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/4.0, ISO1000
斜め上から見た図。
隣にいるのはポトスとコーヒーの木。
ポトスはモンステラと同じタイミングで買ったけど、こちらも順調に育ってる。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/6.3, ISO2800
比較用に買った時のモンステラとポトスを載せておくよ。
今と比べると大分ちっちゃい。