チェリーシュリンプが抱卵した

2016年02月13日

繁殖目的で外掛け式のサテライトボックスに入れていたチェリーシュリンプが、やっと抱卵した。

たまたまサテライトを覗いていたら、メスが腰を曲げて奇妙な動きをしていたから観察してたら、まさに抱卵する瞬間だった。

DSC_3379_LR01_20160213.jpg
チェリーシュリンプ抱卵の瞬間。

抱卵してるーって思って一眼レフを取りだしてマクロレンズを付けている間に大体卵の移動が終わっちゃってた。
背中あたりにあった卵が、頭の後ろあたりを経由して、腹の腹肢部分に次々に移動していった。
チェリーシュリンプの貴重な抱卵シーンって奴だ。

DSC_3480_LR02_20160213.jpg
卵が完全に腹肢に納められて、普通に移動し始めた。

DSC_3495_LR03_20160213.jpg
たまに腹肢を動かして卵に新鮮な水を送る。卵が腐るのを防止する目的らしい。
間近で見てると卵が落ちそうだけど、上手いこと抱えてるからそう簡単に脱卵はしない模様。

ちなみに抱卵したメスは、多分オレンジチェリーシュリンプ。
見た目がレッドチェリーっぽいけど、本水槽から掬ったときはオレンジのつもりで掬ったはず…。
もしかしたらレッドかも。

で、お相手のオスはイエローチェリーシュリンプ。
完全に交雑。
何でイエローのオスを入れたかというと、体長が大きくて成熟してそうなオスがイエローだったから。

イエロー×オレンジ(またはレッド)の交雑でどんなチェリーシュリンプ(ミナミヌマエビ?)が生まれるのか楽しみ。

ちなみに孵化予定日は、620を水温で割った日数で大体割り出せるらしい。
620/24≒26日
というわけで、3/10頃に孵化予定。

サテライトの他のエビはみんな本水槽にお帰りいただいたから、抱卵固体だけでのびのびと孵化まで過ごせるはず。
(抱卵直後にイエローのオスが襲ってきたからやばいと思ってすぐに移動した)


アクアフォレストで流木を買った

2016年02月11日

前から気になっていた、新宿のアクアショップ、パウパウアクアガーデンとアクアフォレストに行ってきた。

はっきり言って、新宿行くならアクアフォレストだけ行けば良いと思う。
水草も大量にあって、きちんと管理されてる感じ。
生体も色々売ってる。
コリドラスも色んな種類がいてなかなか見ていて楽しかった。

で、安くて形と質感が気に入った流木を1本だけ買ってきた。
似たようなのを探したけど他には良いのがなかったので諦めた。
流木って大抵箱に無造作にぶち込まれてるから、ガサガサ漁らないとどんな流木が入ってるのか見えないのがちょっともったいないよね。

DSC_3374_LR01_20160211.jpg
今日買った流木。480円。

DSC_3375_LR02_20160211.jpg
裏側。

鍋で煮て、バケツに水張って突っ込んで置いた。
浮かずにすぐに沈んだ。

週末あたりにでも、モスを巻き巻きして水槽に投入しようと思ってる。


コリドラス・ステルバイとオトシンネグロと水草を買った

2016年01月31日

オトシンネグロとコリドラス・ハブローススを買う予定だったんだけど、色々検討した結果なのかついかっとなったのか、ヒーターを購入してコリドラス・ステルバイも買うことにした。
(無加温方針がここで崩壊。ヒーター買っちゃったからもう何でもありだ。)

残念なことに、欲しかったハブローススは欠品中だった。
買う前日まで在庫があったのに、当日になったら無くなってた。
(そして今現在は復活してる。なんなんだ…)

一緒に買う予定だったブセファランドラとミクロソリウムのセットも買った。

DSC_2611_LR01_20160130.jpg
おまかせブセ2種・レア種ミクロ2種セット(無農薬)

内容は…
ブセファランドラsp.西カリマンタン産
ブセファランドラsp.カユラピス
ミクロソリウムsp.フォークリーフ
ミクロソリウムsp.バリ スモール十字

チャーム本店価格だと、1株の商品でそれぞれ上から1,850円、1,850円、2,798円、2,665円。
合計するとなんと9,163円。これがセットで3,280円。
今回のセットはミクロソリウムがそれぞれ2株ずつ入ってたし、かなりお得。

ただね、ブセファランドラにはあんまり興味がないんだよね。
何でこのセットにしたかというと、無農薬のミクロソリウムがなかなか無かったから。
エビ水槽だから無農薬にしておきたいからね。全滅されたら困るしね。
まあでも、お買い得セットで活着系のブセが付いてくるなら、これはこれでありかなってことで買ってみた。
ブセの生長はゆっくりらしいから気長に見守ることにする。

そして今回も前回に引き続き風山石のお任せ1kgを買った。
前回は中型くらいの石が揃ってた感じだけど、今回はかなり小型から大型まで不揃いな感じだった。
あんまり同じ大きさばっかりでも困るから、ちょうど良い感じ。

先週作ったレイアウトは一旦破壊して、石を積んで流木配置して…とかやってたらかなり時間かかった。
モスのトリミングも結構丁寧にやった。余ったモスの切れ端の使い道が無い。
今回のレイアウトはモスマットも有効活用することにして、石でモスマットを浮かせる配置にした。
エビのツマツマとコリドラスのモフモフを両立させつつ、影部分を作ることで魚が休まる場所にもなる。

以下写真。

DSC_2781_LR14_20160130.jpg
レイアウト変更後&生体投入後の45cm水槽。
水槽左奥にミクロソリウムのフォークリーフ、左手前にバリスモール十字を配置。

DSC_2738_LR12_20160130.jpg
水槽左手前にブセファランドラを配置。
左がカユラピス、右が西カリマンタン。

ミクロもブセも風山石に巻き付けて置く感じで。
巻きつけ用のバンドがちょっと目立つけど、活着したら外せば良いしね。

DSC_2643_LR04_20160130.jpg
オトシンネグロ。
普通のオトシンクルスと比べて体全体がグレーな感じで目が小さめ。

DSC_2629_LR03_20160130.jpg
ガラス面に張り付くから腹側が丸見え。
アップにして見るものじゃないな…。
でも、おなかのへこみ具合で餌をちゃんと食べられているかを確認できるらしい。

DSC_2736_LR11_20160130.jpg
ネグロさんはくっつける場所ならヒーターのコードでも何でもくっつく。
そして動かない。

DSC_2659_LR05_20160130.jpg
続いてコリドラス・ステルバイ。
スポット模様がとてもかわいい。

DSC_2684_LR06_20160130.jpg
ステルバイとパレアタス(青コリ)。
パレアタスの方が一回り大きい。

DSC_2695_LR07_20160130.jpg
青コリあんど青コリ。
地肌部分が黄色っぽくみえる。

DSC_2699_LR08_20160130.jpg
ステルバイ正面から。

DSC_2706_LR09_20160130.jpg
ステルバイ3匹。
こうして比べてみると、模様とか色の濃さが結構違う。

DSC_2727_LR10_20160130.jpg
3匹仲良く水槽内を泳ぎ回ってる。
写真撮るのが大変。

DSC_2750_LR13_20160130.jpg
口半開きのおとぼけフェイス。

DSC_2618_LR02_20160130.jpg
アネックス(ANEX) 手芸用精密ハサミ 曲がり型125mm No.193
水草トリミング用にamazonで買った手芸用のハサミ。
サイズもちょうど良くて、切れ味もなかなか良い。
早速ウィローモスのトリミングに使ってみたけど、かなり良い感じ。
水草トリミング用のハサミって2000円くらいするし、長さがそこまで必要じゃないなら800円弱で買えるこっちの方が断然オススメ。


45cm水槽のレイアウトを変更

2016年01月24日

エビとコリドラスがいる45cm水槽のレイアウトが気にくわないので、ソイル以外を全撤去して配置し直した。

DSC_2590_LR01_20160124.jpg
レイアウト変更前の45cm水槽。

背後に立てかけてあるだけの流木が中途半端だし、中央に障害物があるせいでコリドラスが底面を泳ぐスペースが狭くなっちゃってる。

流木を切断して三角構図レイアウトにしようと思っていたんだけど、100均の糸鋸で流木を切断するのがかなり難しい。
1本切るのに1時間くらいかかったから、もう1本は諦めた。

切断を諦めた流木をまずおいて、それに合わせて三角構図レイアウトを目指して残りの流木を配置することにした。
周りは風山石をおいて流木を固定。

DSC_2592_LR02_20160124.jpg
レイアウト変更後の45cm水槽。

ちょっとぱっとしないけど、何となく三角構図っぽくなったかな。
何より、右側が広く空いたのでコリドラスたちにとっては住みやすくなったんじゃないかと。

エビのために作ったモスマット、底に敷くとコリドラスがほむほふできないから、仕方がなく背面に立てかける。
見た目は悪いけど、たまにエビがつかまってるし、これはこれで良いか。

大量に増えすぎたサンショウモは殆どを金魚水槽に投入した。
昨日少しだけ入れてみたところ、一晩で根っこを全部食い尽くしてた。
金魚は浮き草の根っこが好きらしい。
どんどん食べたまえ。

今後の予定:
来週末くらいにチャームで買えたら以下を買ってエビコリ水槽に入れる予定。

生体: オトシンネグロ コリドラス・ハブロースス 水草: チャームのブセとミクロソリウムのセットの奴

おまけ:

DSC_2606_LR03_20160124.jpg
ちなみに金魚水槽はこんな感じ。
丹頂がいなくなったけど他の3匹は皆元気。
アナカリスとマツモとサンショウモで緑だらけ。


僕の小規模な自殺

2016年01月19日

かなり久々の読書。

3年後に死ぬと未来人から宣告された彼女(?)を救うために主人公が奮闘する話。
入間作品っぽい感じ。
何となくタイムトラベルものっぽいけど、別にミステリ要素は殆どないし、何というか、何なんだろう?
みーまーに近い感じかなー。
ただただああいう感じの作品が好きな人には向いているのかも。

一言で感想を言うと、
落ちが気になって読み進めたけど特に落ちずに終わった。
という感じ。

評価:★★★ 3.0


フレームモスを買った

2016年01月17日

オトシンネグロを買いたくてペットショップを2件回ったけど、どちらも売り切れで買えず。
取り扱いがないわけではなくて、たまたま売り切れてたみたいだけど、タイミング悪いよね。
普通のオトシンクルスは売ってたけど、欲しいのはオトシンネグロなんだ。

手ぶらで帰るのもあれだし、前から欲しかったフレームモスを買った。
石付きで980円。
フレームモスは普通のウィローモスとか南米ウィローモスに比べるとややレアな種類で、通販のチャームでもお高め。
他のモスと違って上に伸びていくのが特徴。
単体を買って自力で石に巻くのもいいけど、最初から巻かれててある程度育ってるのもお手軽で良い。

DSC_2555_LR01_20160117.jpg
袋から出したところ。
水につけてなくてもちゃんと上に向かって立ってるくらい頑丈な葉っぱ(?)。

DSC_2577_LR03_20160117.jpg
エビ&コリドラス水槽に投入してみた。
痛みもなくて良い色。

DSC_2564_LR02_20160117.jpg
横から。
力強い感じだ。


二宮の吾妻山公園で菜の花を見てきた

2016年01月17日

まだ1月だというのに二宮ではもう既に菜の花が咲いているらしい。
そんな菜の花が見られるっていう吾妻山公園に行ってきた。

吾妻山は標高100mちょっとっていうから大したことないのかなと思ってたけど、意外に山登りな感じでなかなかの疲労感が味わえた。
週末なこともあって、家族連れなんかが多くて結構賑わってた。

山頂付近の菜の花はちょうど見頃で、天気も良くて花見日和だった。
軽い登山で良い運動にもなって気分もリフレッシュしてなかなか楽しめた。

帰り道の直売所で買った一袋150円のミカン、小粒で皮がぷかぷかでハズレ引いたかなって思ったけど、食べてみたら適度に酸っぱくて普通に美味しかった。
ミカンもスーパーで買うと結構高いから、直売所の安売りは良いね。

以下写真。

DSC_2530_LR10_20160116.jpg
吾妻山の山頂。標高136.2m。

DSC_2448_LR01_20160116.jpg
広い芝生の先には相模湾が見える。

DSC_2455_LR02_20160116.jpg
菜の花と海。
昼過ぎでも1月だと太陽が低いから、ちょっと方角を変えると夕方っぽい雰囲気。

DSC_2521_LR08_20160116.jpg
海だけでも良い景色。

DSC_2462_LR03_20160116.jpg
皆さんベンチに並んで菜の花なのか海なのか知らないけどどこかを眺めてる。
や、よく見ると景色を見てる人は少なそう。
景色になんか目もくれず雑談したり食事してるだけかも知れない。

DSC_2484_LR04_20160116.jpg
そんな人たちの目の前に広がっている菜の花。
目の前に桜の木がいっぱいあるからどうせなら同時期に咲かせれば良いのにね!

DSC_2525_LR09_20160116.jpg
仲の良さそうなカップル。
これ桜咲いてたら絶対良いよね。

DSC_2548_LR13_20160116.jpg
桜がなくても、一面に広がる菜の花はなかなかのもの。

DSC_2504_LR07_20160116.jpg

DSC_2544_LR12_20160116.jpg

DSC_2497_LR05_20160116.jpg
マクロも良い感じ。

DSC_2500_LR06_20160116.jpg
全体的に先端にしか花が付いてないから、徐々に下の花が咲いていくのかな。

DSC_2539_LR11_20160116.jpg
海をバックに枯れ木とスキンのおじさんと子犬2匹。
凄く絵になってた。
手に持ってる手提げ袋がこれまた犬柄でかわいい。


コリドラス・パレアタス導入&風山石・アヌビアスナナ設置

2016年01月12日

ネットでアクアアリウム関係のページを色々見てると、いわゆる熱帯魚の中でも割と低温に強くて無加温でも余裕で飼える種類がいることを知った。
中でもコリドラス・パレアタス(パレアトゥス。青コリと呼ばれているらしい)は、かなり低温にも強いとのこと。
うちの水槽は暖房入れてる影響もあって大体20度はあるし、無加温だけど飼ってみることにした。

それと合わせて、エビ水槽用に風山石の粒サイズ1kgと、アヌビアス・ナナの組織培養の3つセットのやつを購入。

DSC_2200_LR02_20160111.jpg
形状お任せ 風山石 粒サイズ 1kg
粒サイズと言いつつも割と大きめのものが揃ってた。
なかなか使いやすそうな大きさで良い感じ。

DSC_2202_LR03_20160111.jpg
水洗いしたあと。濡れた状態だと結構色が変わって見える。

アヌビアス・ナナは写真を撮り忘れた。

↑これの3個入りの奴を買った。
組織培養っていうやつは無農薬でエビに害がないんだけど、かなり株が小さめでちょっとお高め。
でも、アヌビアスは残留農薬が多いらしいから、ここは無農薬で。

そんな感じで、風山石とアヌビアス・ナナをエビ水槽に配置してみた。
石を組むのが結構大変だった。

DSC_2195_LR01_20160111.jpg
Before。

DSC_2215_LR04_20160111.jpg
After。
流木を中央に配置して、根元を風山石で固定。
小さめの風山石に巻き付けたアヌビアス・ナナを流木の周りに配置。
ウィローモスボールは何となく流木の真ん中において、置き場に困ったホーンウッド系の流木はブランチウッドの後ろに立てた。
大増殖してたアナカリスは全量、マツモはほんの少しだけ残して残りを金魚水槽に移動。
大分スッキリして良い感じになった。

DSC_2319_LR07_20160111.jpg
ついでにもさっていたウィローモスをカットして、アヌビアス・ナナが入ってたマルチリング・ブラック3個と平べったい風山石に巻き付けた。

DSC_2322_LR08_20160111.jpg
マルチリングを覗いたら奥に青いエビがいた。

続いてコリドラス・パレアタス(以後青コリ)。
水合わせをして、金魚水槽に投入。
一応事前に金魚とコリドラスの混泳については調べておいた。
食われることはないし、混泳飼育してる人もいるっぽかった。

DSC_2218_LR05_20160111.jpg
青コリ投入後の金魚水槽。
青コリが保護色過ぎて見えにくい。
エビ水槽から移植してきたマツモとアナカリスのおかげで大分緑増えた。

DSC_2291_LR06_20160111.jpg
青コリのアップ。
顔からエラの後ろにかけて青っぽい緑っぽいメタリックな色をしてる。
それ以外は黒っぽいまだら模様。
コリドラスはナマズの仲間だからひげが生えてる。

DSC_2360_LR09_20160111.jpg
2匹並んで仲良く砂利をもふもふ。
この仕草がなかなかかわいい。

そんな感じで、金魚水槽にコリドラスを入れて様子を見てたんだけど、
やっぱり金魚が青コリをつつく(´・ω・`)
食べるつもりはないのかも知れないけど、追いかけ回して青コリにストレスがかかってそう。
このままだと弱っちゃいそうだったから、急遽青コリはエビ水槽に引っ越しすることにした。

DSC_2415_LR10_20160112.jpg
エビ水槽に引っ越した青コリ。
エビ水槽に入れたら入れたで、今度はエビがビビって隠れちゃわないかなっていうのが心配だったけど、結構仲良くやってるみたい。
最初はちょっとびっくりしてピョンピョン逃げてたけど、一晩経ったら殆ど気にしないくらいまでになってた。
コリドラス用のエサをエビがかっさらったりしてるし、あんまりストレスはなさそう。

というわけで、金魚水槽は金魚オンリーで、エビ水槽はエビと青コリでやっていくことにした。

---

先週あたりからずっと弱ってた金魚の丹頂が、ついに今朝お亡くなりになった。
最近ずっとマツモの陰で停止しててかろうじて生きてたんだけど、全く動かなくなっててつつたら浮いてきた…。
尾びれつつかれてぼろぼろになってたし、あのメンバーだと厳しかったのかも知れない。
丹頂が抜けて、金魚水槽は琉金水槽になった。


投資信託の積立のNISA配分を月10万円にした

2016年01月03日

今年からNISA上限が120万になったので、NISAの積立を毎月10万にしたよって話。

積立金額自体は変わってなくて、特定口座に入れてたファンドの配分を変えて、かつNISA割合を増やした。

変更前:
eMAXISバランス(8資産均等型):8万(特定口座)
ニッセイ・インデックスバランスF 4資産均等型:2万(特定口座)
ひふみプラス:3万(NISA口座)
ニッセイ外国株式インデックスファンド:2万:(NISA口座)

変更前:
eMAXISバランス(8資産均等型):5万(特定口座)
ニッセイ・インデックスバランスF 4資産均等型:5万(NISA口座)
ひふみプラス:3万(NISA口座)
ニッセイ外国株式インデックスファンド:2万:(NISA口座)

って。
アセットアロケーション(資産配分)かわっとるじゃん。

このSBI証券の積立以外に、今まで積み立ててた東京三菱UFJ銀行の証券口座にeMAXISバランス(8資産均等型)の残高がそこそこあるから、寧ろこれでちょうど良いくらいだと思う。


ウィローモスマットを自作した

2016年01月03日

流木に巻き付けるために買ったウィローモスが余ってたので、パックに入れて水槽に浮かべていたものの、若干黒ずんで傷んでるような気がしたから、全量使ってウィローモスマットを作った。

作ったのは、割と一般的?な鉢底ネットとおもりと糸を使うタイプのウィローモスマット。

作ったのと似たやり方で手順を紹介してるブログがあったので参考までに。
参考:ウィローモスマット自作手順と経過観察

■自作ウィローモスマット作成手順
1.鉢底ネットを2枚同じ大きさに切る。
  このとき、端っこはギザギザが残るようにする。
2.鉢底ネット2枚の間におはじき(おもり)を数個入れ、鉢底ネットの端を結束バンドで止める。
3.ウィローモスを5mm~10mmくらいの幅でハサミで刻む。
  細かいほど新芽が出やすいらしいけど、マットから抜けやすくなるので10mmくらいがちょうど良いかも。
4.鉢底ネットの表面にウィローモスを均等に乗せる。
  2枚の間に挟むのではなく、上に載せるのがポイント。
5.ミシン糸で鉢底ネットのギザギザに合わせてウィローモスをぐるぐる巻く。
  縦横巻いて格子状にして糸を結べば完成。
6.水につけて余分なモスを振り落としてから、水槽にドボン。

DSC_2156_LR01_20160102.jpg
ウィローモスを鉢底ネットに載せたところ。
均等に乗せるのが結構大変。ピンセットを使って広げると良いかも。
1枚だけ作るつもりだったけど意外にモスの量が多かったから2枚作った。

DSC_2182_LR04_20160102.jpg
水槽にウィローモスマットをドボンしたところ。

DSC_2174_LR03_20160102.jpg
コケが付いてるのか、チェリーシュリンプにも大人気。

DSC_2167_LR02_20160102.jpg
ウィローモスマットとは全然関係ないけど、マツモから気泡が途切れなく出てたので撮ってみた。
先日コトブキのフラットLEDを買って蛍光灯と2灯にしてから、マツモの生長が早くなった。