アクアパーク品川に行った

2016年08月05日

品川にある水族館「アクアパーク品川」に行った。(7/31)

何というか、高い割に狭くて大分ショボかった。

入場料は2200円。

まず1階には、でかい船のアトラクション。
よく遊園地にあるような、大きく左右に揺れるやつ。
別料金500円。
あれ、ここ水族館じゃなかったっけ?

次のコーナーは、ガラス面に半透明の液晶を重ねた斬新な水槽。
タッチパネル式で、3DCGで生き物の絵が出たりする素敵な演出。
後ろに折角生体がいるのに、液晶が邪魔すぎてよく見えない。これはひどい。

続いて、金魚ゾーン。
琉金、水泡眼、らんちゅう、丹頂、ピンポンパールとかがいた。
小さい水槽にそれぞれ金魚が泳いでるだけで、これと言って見所はない。

その後、何故かメリーゴーランドがあるけれど、別料金500円。

続いて、謎のカフェゾーン。
テーブル代わりの丸い水槽にクマノミとかがちょっといる程度。

続いて、クラゲゾーン。
円柱状の水槽にクラゲがふよふよ。
クラゲの種類は3種類程度で、あまり珍しさもない。

2階に上がると、ドルフィンショーの会場。
ショーは15分で、イルカの迫力あるダイブが見られる。
唯一これは面白かった。

そして、海水熱帯魚ゾーン。
大きな水槽とか、トンネル水槽がある。
毒展とかいう毒を持つ魚特集のコーナーもあった。
人が多すぎてよく見えなかった。

そんな感じで終了。
イルカはまあまあ楽しめたけど、水槽はショボいし全体的に狭いし謎のアトラクションで面積無駄に使ってるしで残念な感じ。

DSC_6209_LR01_20160731.jpg

DSC_6228_LR02_20160731.jpg

ところでサイトを見てて気づいちゃったんだけど、2階に行ってないゾーンがあった。
アクアジャングルっていうカピバラとか淡水魚とか爬虫類がいるゾーン、
ワイルドストリートっていうオットセイとかアザラシとかペンギンがいるゾーン。

水槽のトンネルを抜けて外側に行くとあったみたいだけど、そんな順路書いてなかったような。
人が多すぎて、全然進める感じじゃなかったし、その奥にありそうな雰囲気でもなかった。

エスカレーター上がってすぐにドルフィンショー会場があるせいで、その付近がかなりごった返す。
で、そのままドルフィンショー会場と反対側に行くと出口だったから、巨大水槽とトンネル見て終わりだと思ってた。
何この分かりにくいフロア構成。
なんで一本道にしないの?
意味が分からない。


昭和記念公園花火大会に行ってきた(2016)

2016年08月03日

みんな大好き昭和記念公園の花火大会に行ってきた。(7/30)

2013年、2014年に続いて3度目。
(2013年はゲリラ豪雨により中止)

前回、15時半頃に公園についてちょっと早すぎた感があったので、今回は立川駅に16時集合にしてみた。
夕食を買いに寄り道してから公園に向かったら、入場券売り場で大行列。
そのおかげで、大会会場のみんなの原っぱに着いたのは17時頃。

17時だと結構場所が取られてて、レジャーシート広げられる場所を探すのに少しうろうろしないといけなかった。
まあそれでも、河川敷の場所取りに比べたら、まだまだ余裕あると思う。

肝心の花火。
この間行った久里浜ペリー祭花火大会と比較すると、断然立川の方が良いね。
1.5尺玉も何発か上がるし、何と言っても芸術玉10連発が一番の見所。
芸術玉は他では見れない珍しさと豪華さがあるよね。
見ていて、やっぱり立川は良いなーって思った。

しかしあれだね。
見てて綺麗な花火でも、写真だと綺麗さが伝わらないのが結構あるのが残念だよね。
朱系とか青系は輝度が低くて写りにくいし、パチパチ光る閃光系はまぶしすぎて真っ白になるし、最後に垂れ下がる柳系はぼやけちゃうしね。難しいね。
特に芸術玉は、途中の変化が凄いから、是非生で見るべき。
写真じゃ伝わらない。

以下写真。

DSC_6088_LR01_20160730.jpg

DSC_6090_LR02_20160730.jpg

DSC_6114_LR03_20160730.jpg

DSC_6123_LR04_20160730.jpg
芸術玉「昇小花 八重芯錦先変化菊紅残光」

DSC_6124_LR05_20160730.jpg
芸術玉「昇小花 栄光の華」

DSC_6130_LR06_20160730.jpg
芸術玉「昇天銀竜 四重芯変化菊」

DSC_6131_LR07_20160730.jpg
芸術玉「昇曲付 南国ヤシに雪牡丹千輪」

DSC_6134_LR08_20160730.jpg

DSC_6140_LR09_20160730.jpg

DSC_6147_LR10_20160730.jpg

DSC_6157_LR11_20160730.jpg

DSC_6159_LR12_20160730.jpg

DSC_6160_LR13_20160730.jpg

DSC_6161_LR14_20160730.jpg

DSC_6176_LR15_20160730.jpg


ゴールデンハニードワーフグラミーとプンティウス・ゲリウスを導入

2016年07月17日

45センチエビ水槽に、ゴールデンハニードワーフグラミー(GHDグラミー)とプンティウス・ゲリウスを導入した。

少し前にチャームでプンティウス・ゲリウスが入荷して、値段はちょっと高いものの、ずっと欠品状態だったし在庫量もそんなに多くなさそうだったから、買っちゃった。
ついでに、欲しかったGHDグラミーも5匹購入。

あ、あと、エビが減ってきたから、ミナミヌマエビのSサイズも50匹購入。
50匹で1200円。
3ヶ月くらい前は通常サイズが100匹で980円だったのに大分値上がりしたね。

【買った生体】
ゴールデンハニー・ドワーフグラミー(5匹)
プンティウス・ゲリウス(12匹)
ミナミヌマエビ Sサイズ(50匹)

DSC_5689_LR01_20160717.jpg
45センチ水槽全体。

DSC_5690_LR02_20160717.jpg
ゴールデンハニードワーフグラミー。
鮮やかな黄色と触角みたいな腹びれが特徴的。
メス3匹、オス2匹が届いた。

DSC_5708_LR03_20160717.jpg
GHDグラミーその2。
背ビレの末端がオレンジがかってるのでこれはオス個体。
オスの方がオレンジ色の発色が良くて綺麗。

DSC_5718_LR04_20160717.jpg
ミナミヌマエビSサイズ。

DSC_5796_LR05_20160717.jpg
プンティウス・ゲリウス。
透き通った体に黄色と黒の模様。
黒のぶち模様はランダムかと思いきや、どの個体も同じ位置にある。

DSC_5882_LR06_20160717.jpg
プンティウス・ゲリウスその2。

DSC_5909_LR07_20160717.jpg
プンティウス・ゲリウスその3。
この個体はちょっと細め。
オスメスは不明。

DSC_5937_LR08_20160717.jpg
GHDグラミーその3。
こっちはメス。
メスの方がちょっと体が大きめで太い。

DSC_5950_LR09_20160717.jpg
プンティウス・ゲリウスその4。

DSC_5991_LR10_20160717.jpg
プンティウス・ゲリウスその5。

DSC_6006_LR11_20160717.jpg
プンティウス・ゲリウスその6。

DSC_6014_LR12_20160717.jpg
GHDグラミーその4。

DSC_6029_LR13_20160717.jpg
プンティウス・ゲリウスその7。


久里浜ペリー祭花火大会に行った(2016)

2016年07月17日

久里浜ペリー祭花火大会に行ってきた。
今回で2回目。

花火は19:30~20:10の40分間。
京急久里浜駅に17:30頃に着いて、久里浜海岸まで歩いて着いたのが18時過ぎくらいかな。

海岸は結講人が埋まってて、レジャーシート完全に広げて座れる場所が殆どなかった。
ただゴミ箱の周辺が空いてたから、そこにした。

花火は小物が多くて、あまり大きい玉は上がらない。
前回行った2013年の時よりもちょっとショボくなったような気もする。

前回、フィナーレが終わったと思ってみんな片付け始めたくらいにラストの大きいのが上がったから、今回も警戒して待ってたんだけど、今回は、これで終わりですよ的なショボい花火が最後に打ち上がった。
その後放送も入って、本当に終わりだったらしい。
全ての花火大会で最後の終わりですよ花火を打ち上げるようにしてくれれば、見てる方も困らないのにね。

以下写真。

DSC_5556_LR01_20160716.jpg

DSC_5568_LR02_20160716.jpg

DSC_5581_LR03_20160716.jpg

DSC_5582_LR04_20160716.jpg

DSC_5590_LR05_20160716.jpg

DSC_5592_LR06_20160716.jpg

DSC_5597_LR07_20160716.jpg

DSC_5599_LR08_20160716.jpg

DSC_5629_LR09_20160716.jpg

DSC_5634_LR10_20160716.jpg

DSC_5640_LR11_20160716.jpg

DSC_5648_LR12_20160716.jpg

DSC_5666_LR13_20160716.jpg


2016年7月現在の水槽の様子

2016年07月09日

DSC_5498_LR01_20160709.jpg
45センチ水槽。

【流木・水草】
流木を逆さにしてビスで留めて、その上にミクロソリウム(ソードリーフ、バリスモール十字)を配置。
足にはアヌビアス・ナナとブセファランドラを固定。
割と良い感じかな?
もう少し高さがあると良かったかも。

左手前にいるのはフレイムモス。
もっさもっさとかなり伸びてきたのでこのままどこまで行くのか観察してみようかと。
右手前のウィローモスも伸び伸びだけど放置で。

【生体】
ルリーとかチェリーとか色々入れていたものの、やっぱりエビは気づいたら消えてるね。
ホワイトチェリーから生まれた大量の稚エビも、サテライトの中で消えた。
死骸とかなく、消えた。不思議。

[残ったエビたち]
・イエローチェリー×1
 オレンジチェリー♀×イエローチェリー♂の子供。
 唯一の自家繁殖。
・ホワイトチェリー×1
・レッドチェリー×1
・ルリーシュリンプ×1

なんと4匹しか残ってない。
ホワイトがオスで、残りがメスっぽいから、頑張って生き残ってくれれば増える可能性もなくはないかも。

外部フィルターが安売りしてたら底床変えて底面フィルターから外部フィルターに変更しようかなーなんて考え中。

DSC_5520_LR02_20160709.jpg
60センチ水槽。

【流木・水草】
流木が一本邪魔だったので撤去。
アヌビアス(バルテリー系)に緑っぽいコケとか黒髭ゴケとかついてるけど、元気に育ってる。

【生体】
エビに比べれば元気だけど、暑くなり始めてからコリがちょこちょこ落ちてしまった。
病気っぽくもないし、割と健康そうな見た目で死んでいくので死因が分からない…。

[いなくなった生体]
・オトシンクルス×3(隙間に挟まり)
・ブルーアイ・ラスボラ(フライング自殺)
・コリドラス・パンダ×3
・コリドラス・パレアタス×1
・コリドラス・アトロペルソナータス×1
・コリドラス・ハブロースス×1
・レッドチェリー×14

コイ科のラスボラ系の小魚は自殺を覗けば1匹も死んでない。
エビは殆ど消えた。

[残ってる生体]
・オトシンクルス×3
・ブルーアイ・ラスボラ×9
・ラスボラ・エスペイ×12
・ホラタンディア・アテコレリー×12
・コリドラス・パレアタス×4
・コリドラス・ステルバイ×3
・コリドラス・アドルフォイ×1
・コリドラス・シュワルツィ×1
・コリドラス・コペイ コロンビア×1
・コリドラス・ハブロースス×1
・レッドチェリー×4

やや過密だけど、エーハイム2075とプロフィットフィルターBIGで過剰濾過なので多分水質は大丈夫。
今のところこれ以上魚は増やすつもりはない。


梅香 百年完熟梅酒を飲んだ

2016年07月04日

昨日に引き続き、同じくamazonで評価の高かった「梅香 百年完熟梅酒」(本格梅酒 百年梅酒 完熟梅特別仕込み)を飲んでみた。

口に入れた瞬間、甘みとふくよかな香り?が広がる。
チョーヤ梅酒 エクセレントも同じブランデーベースだけど、あっちはさっぱり系、こっちは濃厚系。
グラスの内側についた液がワインみたいにとろっと垂れる。

断然こっちの方が好き。
チョーヤのエクセレントとは違って、酸味は殆ど気にならない

百年梅酒には今回買った完熟梅酒と普通の梅酒があるんだけど、完熟梅酒はその名の通り完熟梅を使っているから、より香りと甘みが強いらしい。
そしてさらに、値段が倍の百年梅酒プレミアムって言うのもあるから、今度試してみたい。

うん、これはおいしい。
おすすめ。


チョーヤ梅酒 エクセレントを飲んだ

2016年07月03日

amazonで評価の高かった「チョーヤ梅酒 エクセレント」を飲んでみた。

良くも悪くもチョーヤの梅酒って言う感じ。
ロックで飲むと、酸味がちょっと気になる。
評判はかなり高いけど、特別美味しいって感じでもないかな。


高幡不動尊のあじさいを見てきた

2016年07月02日

日野市にある高幡不動尊のあじさいを見てきた。

高幡不動駅から高幡不動尊に向かう参道で、七夕祭をやっていて、鳴子を持って踊り歩く集団が続々と登場してきた。
駅降りてすぐのところだったから、いきなり過ぎてびっくりした。

そして高幡不動尊。
参道に比べてこちらは静か。
出店もぽつぽつ出てる感じで、がっつりお祭りって感じでもない。

肝心のあじさい。
ちょっと、時期過ぎてたかな-。
日なたの花は日焼けした感じで、ちょっと枯れかけてる。
日陰の花はまだ見頃。

高幡不動尊金剛寺の裏手にちょっとした山?丘?みたいなところがあって、その山にあじさいがそこそこ咲いてた。
山に生えてるあじさいは、全体的に青系の西洋アジサイとガクアジサイ?ヤマアジサイ?が多い感じで、品種はそれほど多くない。

一方で、山を登る前の寺の裏手の道には、色んな品種のあじさいが植えられていて、ここだけでもそれなりに楽しめる感じになってた。
ただ全体的に枯れ気味だったから、見頃の時期に行きたかった。

以下写真。

DSC_5466_LR01_20160702.jpg
高幡不動尊のあじさい1。

DSC_5475_LR02_20160702.jpg
高幡不動尊のあじさい2。

DSC_5477_LR03_20160702.jpg
足下にキノコ生えてた。

DSC_5478_LR04_20160702.jpg
高幡不動尊のあじさい3。

DSC_5482_LR05_20160702.jpg
トンボもいた。

DSC_5485_LR06_20160702.jpg
高幡不動尊のあじさい4。

DSC_5488_LR07_20160702.jpg
高幡不動尊のあじさい5。

DSC_5490_LR08_20160702.jpg
高幡不動尊のあじさい6。


Javaの弱参照とソフト参照

2016年06月29日

調べたのでメモ。
またググればいいんだろうけど一応書いておく。

Javaの弱参照(WeakReference)とソフト参照(SoftReference)。

■弱参照(WeakReference)
他からの強参照(通常の参照)がなくなった時点でその参照はGC(ガベージコレクション)の対象となって、GCされた時点でいなくなる。

■ソフト参照(SoftReference)
他からの強参照(通常の参照)がなくなった時点でその参照はGC(ガベージコレクション)の対象とはなるものの、メモリに余裕がある場合はGCされない。
GCの優先度的に、弱参照が先に消されて、それでもなおメモリが枯渇している場合はソフト参照も消される。

参考:
Java弱参照クラス
弱い参照とな


ソニッケアーのヘルシーホワイトプラスを買った

2016年06月20日

DSC_5460_LR01_20160619.jpg
新しい電動歯ブラシ、フィリップス ソニッケアー ヘルシーホワイトプラス HX8911/01を買った。

今まではオムロンの「メディクリーン HT-B471」(約3000円)ってのを使ってたんだけど、3~4年くらい使ってるせいか、最近振動が弱くなってきた。

そんなわけで、そろそろ新しい電動歯ブラシを買おうかなって思って色々調べてたけど、やっぱりソニッケアーが一番かな?ってことでソニッケアーを買った。
どのメーカーもフラッグシップモデルだと多分振動数とかは同じくらいだけど、家電量販店とかで色々見てみて、やっぱり老舗のフィリップスが良さそうだと思ったから。

ソニッケアーのラインナップは何種類かあって、最上位機種だと5種類くらいモードがあったりするけど、実際そんなに使わない気がする。
なので、クリーンとホワイトの2つのモードを持った中級クラスのヘルシーホワイトプラスにした。

■感想
早速使ってみた。

今までのオムロンと、振動数が全然違う。
歯に当てたときの感触が違う。
今までより断然磨けてる気がする。

大体いつもと同じくらいの時間磨いて、その後フロスをしてみると、歯間がつるつるしててフロスの入りが良いことにびっくり。
もちろん歯間だけでなく、歯の表面全体がつるつるしてる。
今までのオムロンはそこまでつるつるしなかった。
これは凄い。
しかも翌日の昼くらいまでつるつる感が持続してた。

逆に難点は、振動数故に口から水が飛び出しやすいこと。
まぁこれはしょうがないね。
多分慣れればどうにかなるはず。

あと、ブラシヘッドが大きめだからちょっと小回りがききにくい。
小ぶりのヘッドも売ってるから、買い換える時はそっちにしようかな。

■まとめ
初めてのソニッケアーだったけど予想以上の効果の高さに驚いた。
つるつる。
安いオムロン買うより断然おすすめ。
多少ヘッドが高くたって、効果の高いソニッケアーの方が絶対良いと思った。

まだ1回しか使ってないけど、使い続けて何かあれば追記したいと思う。
ホワイトモードとかね。

■2016/06/21追記
ホワイトモードを使ってみた。
クリーンモードより左右のブレ幅が大きい感じ。
違いはそこまで分からない。
ステイン除去効果が強いらしいからホワイトモードメインで使ってみようかな。

あと気になったのが、本体の太さ。
グリップが結構太いから、左側を磨いていて右側に持ち替えるときとか、片手だとやりにくい。
もう少し細ければ良かったなー。