コリドラス・デビットサンジィとアヌビアス・ラウンドリーフ、ナナプチを買った

2017年10月22日

60ワイド水槽を立ち上げる予定なんだけど、水槽台の発送が予想より遅かったこともあって、ついかっとなって飼いたかったコリドラス・デビットサンジィを買った。
ついでに、アヌビアス水槽に向けて、アヌビアス・ラウンドリーフ、ナナプチも購入。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/5.0, ISO800
アヌビアス・ラウンドリーフを3ポット。
アヌビアス・ナナプチを5ポット。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/2.0, ISO140
ラウンドリーフは根茎が長めのものが1株ずつ入ってた。
葉が丸くてとても良い感じ。
ナナプチは結構ボリュームのある株が2株ずつ入ってた。
満足満足。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/4.5, ISO450
形状お任せ自然流木(中)3本。
前回意外に良かったから、福袋感覚で今回も頼んでみた。
ちょっと形が似過ぎてるのと、まっすぐすぎて若干使いづらいかな…?


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/4.5, ISO450
流木の裏側。
真ん中の流木が特にまっすぐ過ぎる感じがする。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/4.5, ISO200
コリドラス・デビットサンジィ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/250sec, f/3.0, ISO320
チャームで見つけて、一目惚れした。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/320sec, f/4.5, ISO800
全体的にほんのりオレンジがかった体色が綺麗。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/320sec, f/4.5, ISO800
頭の部分もオレンジで、アドルフォイを彷彿とさせる。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/320sec, f/4.0, ISO720
セミロングノーズのワイルド個体で、かなり大きめの個体が届いた。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/320sec, f/4.0, ISO800
ワイルド個体だから寄生虫を心配したけど、見たところひげにもヒレにも付いてる様子はないので、水合わせして水槽にそのまま入れた。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/320sec, f/4.0, ISO640
大きさは、4~5センチくらい。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/320sec, f/4.0, ISO720
体高もあって、うちの水槽で一番大きい青コリよりも大きい感じがする。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/320sec, f/4.0, ISO1800
初めてのセミロングノーズ。
確かに、吻(ふん)の部分が長いね。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/320sec, f/4.0, ISO900
背ビレからしっぽにかけて斜めに入る黒いラインも良いね。
アイバンドと背中のラインはメタエに似てるみたいね。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/320sec, f/4.0, ISO560
並んで泳ぐ姿もとても可愛い。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/320sec, f/4.0, ISO2500
他のコリと比べると結構存在感がある。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/320sec, f/4.0, ISO1600
ステルバイもかわいいけどね。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/320sec, f/4.0, ISO1600
真横からアップ。



NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.0, ISO2000
レッドチェリーシュリンプも買った。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.0, ISO3200
レッチェリは45センチ水槽に入れた。
早速黒髭ゴケをツマツマ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.0, ISO2200
そういえば抱卵個体が1匹だけいたから、サテライトに隔離した。
写真は撮り忘れたよ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.0, ISO1400
残念なことに、1匹だけ導入時点で瀕死で、1時間くらいでお亡くなりになった。
1匹だけならまぁ良い方かな。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/5.0, ISO5600
最近オトシンもよく姿を見せてくれる。
底床を黒いガーネットサンドに変えてから割と底に来てコリタブをモフモフしてる気がする。

デビットサンジィは結構人気があるみたいで、この週末だけでも10匹以上売れてた。
コリドラスは欲しいときに買わないと売れ切れちゃうのが難しいところ。

ラウンドリーフは1ポット1株だけど、なかなか良い株が入ってた。

ナナプチはかなりボリュームがあった。
1ポット2株だけど、成長点が分岐してるから、買った時点で株分け出来る感じ。

レッチェリは、18匹980円を維持してくれてるのが嬉しい。

もはや福袋的な楽しみを見出しつつある自然流木。
リアルショップで買うより断然安いのが良い。
チャームだとコメントに希望を書くとある程度考慮してくれてる感じがする。

■チャームの商品価格を調べるならこちらで
チャーム価格調査


アクロ TRIANGLE LED GROW 600を買った

2017年10月15日

60cmワイド水槽購入予定なので、ついでに照明も新調しておこうと思って、今話題のアクロ TRIANGLE LED GROW 600を買った。

チャーム本店で7550円で若干お安くなってて買い時だったから買った。
コトブキフラットLEDとか、アクロ TRIANGLE LED BRIGHTとも迷ったんだけど、ネットで評判の良かったGROWにした。

ただ、黄色っぽいっていう色合いだけが気になってた。
フラットLEDの青白くてクリアな色が割と気に入ってたから、GROWはどうなのかなーと。

実際点けてみると、確かに色温度は低め。
でも、そんなに嫌な感じじゃなくて、演色性の低い不自然な黄色では無く、演色性の高いややオレンジがかった白って感じかな。
どうしても真っ白とか青白い色じゃ無きゃ嫌!っていうのでなければ、そこまで気にしなくても良いと思った。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/500sec, f/2.2, ISO640
裏面のLED部分。
高高度のLEDを使っているらしく、LEDの個数は少なめ。
他の人のブログとかで、裏の透明プラスチック部分に傷が付いてたとかっていうのを見るけれど、確かに品質が若干気になるところはあるね。
プラスチック面に傷は付いていなかったけど、内側がちょっと汚れてたり、ホコリが入ってたりした。(気になるものではないけどね)
コスパ重視っていうのもあるんだろうけど、品質管理はしっかりして欲しい。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/200sec, f/1.8, ISO640
横から見たところ。まさにおにぎり。
2017年6月製造の台湾製。
なるほど。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/5.6, ISO180
ライトリフト。
発売当初のものは水槽のフタが付けられない形状をしていたらしいけど、今流通してるものは改良版で、フタを載せていてもライトリフトがしっかり乗せられる。
ライトリフトの針金は割としっかりしていて、本体への差し込み具合も良い。
フラットLEDみたいにするするーって抜けちゃうこともなくがっちりしてて安定感がある。
つり下げるためのワイヤーも付属してたけど、今のところは使う予定なし。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/160sec, f/5.6, ISO640
水槽にTRIANGLE LED GROWを載せて上から撮ってみた。
水面の揺らぎがとてもよく見える。

■コトブキフラットLEDとアクロ TRIANGLE LED GROWの比較
同じ撮影設定でフラットLEDとTRIANGLE GROWを撮って比較してみた。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/5.6, ISO640
40センチ前後用のフラットLEDを2灯載せ。
・コトブキフラットLED400(光量590lm、色温度8500K、演色性Ra87)
・コトブキフラットLED3045(光量625lm、色温度10000K、演色性Ra84)
陰性水草水槽としては十分な明るさ。
普段は3045の1灯だからもっと暗い。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/5.6, ISO640
アクロ TRIANGLE LED GROW 600(光量3000lm、色温度7200K、演色性Ra93
かなり明るい。
そして、全体的に温かい色合い。
流木の赤みが増して、田砂もややオレンジっぽくなった。
ラスボラ・エスペイのオレンジもとても鮮やかに見える。
確かに色温度は低めだけど、演色性が高くてとても自然な色合い。

フラットLEDみたいな青白いクリアな色か、TRIANGLE GROWみたいな暖かみのある色か、好みはあるけど、どっちも悪くないね。
緑系の水草メインならフラットLEDでも良いかもしれないし、赤系とかオレンジ系の水草とか生体を入れてるならTRIANGLE GROWが良いかもしれない。

■総評
アクロ TRIANGLE LED GROW 600は評判通りの良いLEDだった。
かなり明るくて光量は文句なし。
色温度は低いけど、演色性が高くてとても発色は良い。
発熱は、三角のアルミのヒートシンクが良い役割をしているのか、光量の割にはそれほど熱くならない。(フラットLEDと同じくらいかな)

-----

ついでにチャームで買った形状おまかせ自然流木(中)を載せておくよ。
3本で1400円だったから1本470円ってところかな。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/3.2, ISO400
1本目。
これはなかなか良い形。
立てて使うと良さそう。
(これだけだと直立しないから支えないといけないけど)


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/3.2, ISO450
2本目(表)。
これは、ちょっと使い所が難しいかな?


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/3.2, ISO360
2本目(裏)。
中央部分は穴が空いてる。
今のところ使い道は思い浮かばない。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/3.2, ISO560
3本目。
くせが無くて悪くない形。

つい先日、アクアショップで3890円で30センチくらいの流木(上の写真の水槽中央においてあるやつ)を買ったけど、形状おまかせで数打ちゃ当たる方式で買ってみても良かったかも知れない。
3本中2本は普通に使えそうだし、なかなか良い感じ。
ランダムだから当たり外れがあるけど、1本500円未満でこの大きさなら文句なし。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/5.6, ISO1000
チャームのおまけでもらったモンモリロナイト。
ミネラル補給とか出来るみたいで、エビ水槽に入れると良いらしい。
今エビ飼ってないから、エビ買ったら入れてみようかな。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/50sec, f/5.6, ISO3200
最後に、今の水槽の配置を残しておくよ。(アクロのLED設置前だけど)
新しい水槽台を購入して来週あたりに設置予定なので、それとの比較用にね。


評判通りなかなか良いLEDだった。
おすすめ。


値段の割にかなり大きめで良い流木。
また買おうかな。

■チャームの商品価格を調べるならこちらで
チャーム価格調査


コリドラスがピロピロ寄生虫に感染した

2017年10月07日

先日、ステルバイとアトロペルソナータス1とシュワルツィを買ったんだけど、その後少ししてから青コリのひげになんかちっちゃい糸みたいなのが付いていることに気づいた。
よく見てみるとなんか寄生虫っぽい。
これはまずい。

ネットで調べてみると、名前は不明だけど「ピロピロ寄生虫」と呼ばれているコリドラス特有の寄生虫っていうことが分かった。
大きさは1、2ミリくらいの白くて短い糸みたいな虫。
白くて短いからエビヤドリツノムシっぽい感じかな。

で、このピロピロ寄生虫、放置しておくと他のコリドラスにも蔓延して最悪全滅するとか。
これはまずい。

早速アクアショップで寄生虫に効くトロピカルNを買いに行った。

とりあえずコリドラスを全てプラケースに隔離して、トロピカルNを規定量の半分くらい溶かした水で1日薬浴。

翌日、綺麗さっぱり寄生虫が取れたように見えたので、水槽に戻した。
でもよく見ると、一部のコリにまだ付いてた…。

なので寄生虫が残ってるコリだけ再度薬浴。
そして翌日戻す。

取れたはずなのにまた付いてる…。
薬浴。
翌日戻す。

そんな感じで何度か薬浴を繰り返した。

1週間後の現在は、一応全員大丈夫そう。

見つけられてないだけかもしれないから、毎日チェックしないと。
寄生虫がちっちゃすぎて全然見えないんだよね。
特にコリドラスが動いてると。

そして悲しいお知らせ。
唯一生き残ってたパンダが寄生虫の影響か分からないけど、お亡くなりになった。
そして、アトロペルソナータスも1匹お亡くなりになった。
(´・ω・`)

【結論】
ピロピロ寄生虫はトロピカルNで大分駆除できる。
ただし、薬浴後も再発する可能性があるのでよくチェックする必要がある。

【薬浴前】

NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.3, ISO2200
アトロペルソナータス1の背ビレにピロピロ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO4500
シュワルツィの尾ビレにもピロピロ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO1100
青コリ(パレアタス)の尾ビレに大量のピロピロ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO1100
青コリのひげにも大量のピロピロ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO450
青コリのひげ別角度から。

【薬浴1、2日後】

NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.5, ISO1100
アトロペルソナータス1。ピロピロは見当たらない。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO1000
シュワルツィの尾ビレのピロピロも取れた。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.3, ISO720
アトロペルソナータス1。
尾ビレも綺麗。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO500
青コリ。
大量にいたピロピロが綺麗さっぱり。
…ん?
1匹付いてる!
このあと滅茶苦茶薬浴した。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.3, ISO450
アトロペルソナータス1。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.3, ISO500
アトロペルソナータス1。
大丈夫そうかな。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.3, ISO1100
ステルバイ。
ピロピロは付いてない。

このあとは写真は撮ってないけど、一部再発したコリは薬浴して綺麗さっぱりになった。(いまのところは)

----------2017/10/14追記----------
あの後、結局水槽に戻したら2匹ほど再発してた。
だから水草をどがして水槽ごと薬浴した。
3日くらいで完全に寄生虫は取れて、2/3水換えして、1週間後くらいにまた半分水換えした。
これで完全に駆除できたと思う。
一回発生したら隔離じゃなくて水槽ごとやった方が早いね。
----------------------------------

トロピカルNの効果はなかなかのものだった。
かなり少量で良いので1個買っておけば長く使えそう。


ジェイリバイブとiFree S&P500をスポット購入した

2017年09月27日

地銀に眠ってる預金を活かそうと思って、タイミングあまり良くないとは思いつつもこのまま上がり続ける可能性も考えて、ジェイリバイブとiFree S&P500を一括でスポット購入した。
金額は書かないけど、割合は2:1でジェイリバイブ多め。

SBI-SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ
積み立てしてるジェイリバイブIIじゃなくて、口数購入しか出来ない年1回決算の方ね。
ジェイリバイブは成績がやっぱりずば抜けてるんで、今後も期待できると思って購入。
過去の成績から、暴落にも強いと思ってるから、このあと暴落してもきっと大丈夫。

大和-iFree S&P500インデックス
8月末に設定されたばかりで、今割と注目されているS&P500のインデックスファンド。
米国株のS&P500っていう指数に連動することを目標にしてる。
S&P500はよくある先進国インデックスファンドがベンチマークにしているMSCIコクサイと比べて成績が良い。
アメリカだけだと分散がどうのこうのっていうのもあるけど、先進国インデックスの半分以上は確かアメリカだし、今後の成長って意味でもアメリカに投資するのは悪くないと思ってる。

iFreeのS&P500は実質コストが高いんじゃないかとか、ETF買った方が良いとか、楽天がもっと良いファンドを出したとか色々言われているけど、ETFは手を出す気は無いし、楽天は嫌いだし、iFreeに頑張って欲しいから、買ってみた。

■9/22時点の保有資産配分
fund_total_20170922.png
スポット購入前の割合。

■9/27時点の保有資産配分
fund_total_20170927.png
ジェイリバイブとS&P500をスポット購入した後の割合。
国内株式アクティブと先進国株式がわりかし増えた。
これで毎月積立の資産配分に大分近づいた。

■毎月積立の資産配分
fund_20170927.png
今の保有資産配分と結構近いよね。

そんな感じで、ついかっとなってスポット購入しました、の巻でした。
元々眠ってた預金だし、タイミングの心配はあまりしてない。
今後の推移が楽しみ。


45cm水槽をリセットしてガーネットサンドを敷いた

2017年09月24日

45cm水槽は底面フィルター+ソイルでやってきたけど、1年半くらい経ってソイルに大分ゴミが溜まってきた。
と言うわけで、先日買ったガーネットサンドを敷いてみた。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/200sec, f/5.0, ISO1000
Before。
底面フィルター+ソイル。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/200sec, f/5.0, ISO1000
After。
底面フィルター+ガーネットサンド、外掛けフィルター(プロフィットフィルターBig)
石に活着させてたミクロソリウムは全て流木に固定した。
これで底床部分がスッキリ。

ガーネットサンドは底面フィルターにする必要は無かったんだけど、GEXのF1を付けたかったのもあって、底面にした。
F1はキスゴムでガラスに固定すると共振で若干音が発生するから、底面フィルターのパイプに繋げて浮かせる形にしてる。
ちなみにF1はサテライトへの給水が目的で付けてる。


NIKON D500, 28mm(42mm), 1/5sec, f/9.0, ISO200
肝心のガーネットサンドはこんな感じ。
照明の反射で若干キラキラして見える。
黒いから、表層の汚れがちょっと目立つかな?
でも、汚れが溜まってきたらプロホースでざくざくやれば良いからお掃除面では良いかも。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO2000
パイロットコリドラスとして、パレアタス(青コリ)を3匹飼ってきた。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO2000
青コリさん。
今のところは元気に泳いでる。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO720
青コリさん。
やっぱり底床が黒いから体色も黒めになるね。
青コリは黒い方が格好いい。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO450
青コリさん。
正面ショットのアホ面も健在。

あ、そうそう、今回買った黒いガーネットサンドだけど、微量の鉄が含まれてる。
なんか洗ったあとバケツに入れておいたんだけど、ぽつぽつ錆っぽい色が見えたから気になってたんだけど、磁石にくっつくから鉄だった。
鉄は別に水質には影響無いと思うから特に問題は無いと思うけどね。

黒いガーネットサンド、とりあえず今のところは問題なさそうだし、色合いも落ち着いててとても良い感じ。
コリドラスに悪影響がないかだけが心配だけど、そこはおいおい。
調子崩してるようだったらコリドラスは60cm水槽に避難させれば良いしね。
あとはチェリーシュリンプとかカラフルなエビをもう一度黒い底床でやりたいところ。

----------2017/10/14追記----------
ガーネットの組成にはいくつか種類があって、鉄(Fe)を含むものもあるらしい。
で、磁性ガーネットと呼ばれるものもあるらしい。
そもそも色も黒いから、鉄(Fe)が含まれるガーネットなのかも知れない。
詳しいことは分からないけど。
現在水槽に入れてから3週間経つけど、ガーネットに変化は見られないし、生体の調子も良い。
コリドラスのひげも短くなったりしてない。
あんまり心配しなくて良いと思う。
----------------------------------

以下、60cm水槽のコリドラスの写真。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.0, ISO220
アトロペルソナータス1とステルバイ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.0, ISO320
アトロペルソナータス1とステルバイ。
仲良くエサをモフモフ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.0, ISO220
パンダ。
アトロペルソナータス1と比べるとオレンジがかってる。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO500
ステルバイ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.0, ISO220
最古参パレアタス。
エサをパクッと。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.0, ISO220
シュワルツィ、アトロペルソナータス1、パレアタス。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO280
アトロペルソナータス1。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO280
アトロペルソナータス1。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO280
アトロペルソナータス1。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO280
ステルバイ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO400
ステルバイ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.0, ISO250
パレアタス。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO200
アトロペルソナータス1。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO220
パレアタス。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO560
シュワルツィ。
なかなか明るいところに来てくれないから撮影しづらい。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO400
泳ぐパンダ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO450
パンダ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO400
もいっちょ泳ぐパンダ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.3, ISO450
アトロペルソナータス1。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.3, ISO400
アトロペルソナータス1。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.3, ISO250
ステルバイ。


NIKON D500, 60mm(90mm), 1/100sec, f/3.2, ISO500
シュワルツィ。


やっぱりアトロペルソナータス1が可愛すぎる。
前は数ヶ月でいなくなっちゃったけど、今度は長生きさせたい。

■チャームの商品価格を調べるならこちらで
チャーム価格調査

今回使ったガーネットサンド。
なかなかよい。