old « 仮想通貨始めました。各コインのメモをしておくよ | メイン | WmiPrvSE.exeのCPU使用率が高いときの対処法 » new

仮想通貨のウォレットで「MinGW Runtime Assertion」が出たときの対処法

2018年02月10日

正常にウォレットが終了しなかったとき、ウォレット起動時に以下のエラーが出ることがある。

MinGW Runtime Assertion

色々調べたけど、一番初歩的な対処法で解決した。

1.「C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\コイン名」フォルダを開く。

2.「wallet.dat」「コイン名.conf」をバックアップ。

3.「C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\コイン名」フォルダを削除またはリネーム。

4.ウォレットアプリを起動。

5.ウォレットアプリを終了。

6.新しく作成された「C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\コイン名」フォルダに、バックアップした「wallet.dat」「コイン名.conf」をコピー。

7.ウォレットアプリを起動して、同期を待つ。

以上。

とりあえずウォレットがおかしくなったらこの手順を試すと良いかも。

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « 仮想通貨始めました。各コインのメモをしておくよ | メイン | WmiPrvSE.exeのCPU使用率が高いときの対処法 » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/1615

コメントする