old « マーブルコートのフライパン(28cm、20cm)を購入 | メイン | 山崎春のパンまつりの大きなモーニングボウル » new

ふたりの距離の概算

2013年02月26日

ふたりの距離の概算 (角川文庫)
米澤 穂信
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-06-22)
売り上げランキング: 2,648
春を迎え高校2年生となった奉太郎たちの“古典部”に新入生・大日向友子が仮入部する。千反田えるたちともすぐに馴染んだ大日向だが、ある日、謎の言葉を残し、入部はしないと告げる。部室での千反田との会話が原因のようだが、奉太郎は納得できない。あいつは他人を傷つけるような性格ではない―。奉太郎は、入部締め切り日に開催されたマラソン大会を走りながら、心変わりの真相を推理する!“古典部”シリーズ第5弾。

京アニでアニメ化されてから最初に読んだ古典部シリーズ。
いつも通りの日常系謎解きミステリーで、気軽に読める感じ。

奉太郎たちが2年に進級して、古典部に1年生が仮入部して、やっぱり入部するのやめたー的な話。

1年生がやめる原因は何?ってのが全体の謎になってて、過去のエピソードを絡めながら徐々に明かしていく流れ。
正直、メインの謎解きより過去のエピソードの方が面白かった。

ミステリとしてはそこまで惹かれるものはないんだけど、キャラの魅力なのか、読んでて面白い。
アニメ化したのも良かった。

評価:★★★★ 4.0

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « マーブルコートのフライパン(28cm、20cm)を購入 | メイン | 山崎春のパンまつりの大きなモーニングボウル » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/1296

コメントする