old « ジャパンカップダート | メイン | さよならピアノソナタ4 » new

眠りの森

2008年12月09日

眠りの森 (講談社文庫)
東野 圭吾
講談社
売り上げランキング: 1090
おすすめ度の平均: 4.5
5 とっても綺麗な作品です。
4 閉鎖的なバレエ世界のなかの隠された謎に挑む、加賀恭一郎の鋭利な推察力!
4 誰が犯人なのか?
5 加賀刑事ファンは必読
4 謎解きも面白いが、バレエ団の取材の徹底さが驚き
眠りの森、読了。
美貌のバレリーナが男を殺したのは、ほんとうに正当防衛だったのか?完璧な踊りを求めて一途にけいこに励む高柳バレエ団のプリマたち。美女たちの世界に迷い込んだ男は死体になっていた。若き敏腕刑事・加賀恭一郎は浅岡未緒に魅かれ、事件の真相に肉迫する。華やかな舞台の裏の哀しいダンサーの悲恋物語。

「卒業」に続く加賀恭一郎シリーズ第2弾。
登場人物の一人が既知なので、読んでて安心感が違う。

今回はバレエ団を舞台にした推理小説で、単なる殺人トリックだけじゃなく、関係者の心情描写を上手く絡ませて犯行動機をそこに結びつけることで、謎解きをより困難にしている。

正直、見破れませんこんなの。
違和感を感じる部分(=伏線)はあるにしても、それが最終的にどう繋がるのかが全然読めない。

それでも最後には上手くまとめられていて、一応きちんと全てが繋がっている。
これまでに読んだ東野作品にいくつかあった納得のいかない殺害動機という感じではなく、今回はラストも良い感じに終わっていたと思う。

それにしても、加賀刑事、シリーズ前作の「卒業」で振られた女子大生に対して
「大学時代の恋人」
扱いしてるのはどうなの…?

評価:★★★★★ 5.0

今回は最後もスッキリ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

old « ジャパンカップダート | メイン | さよならピアノソナタ4 » new

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hp-improve.com/mt/mt-tb.cgi/740

トラックバック

» 東野圭吾『眠りの森』 from itchy1976の日記
眠りの森講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『眠りの森』を紹介します。美貌のバレリーナが男を殺したのは果たして正当防衛なのか?正当防衛なのか... [Read More]

コメントする